スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本来の目的は・・・・?

  • 2009/10/30(金) 03:47:10

本来の目的はもちろんモーターショーではありましたが、これが存外に小規模で大人しい。
一応一日半はぐるりとしましたが、もうこれ以上はつまらないと思って浅草へきました。

連日、路地裏からありとあらゆる所まで散策しました。
私が知っていたころの浅草とはかなり違っています。
とにかく外人が多い。白人系から中華、東洋系まであらゆる国の人々が、種々雑多な言語で話している。
サンフランシスコの観光地や、LAのディズニーランドなどの感じかな。

肝心の浅草寺の本堂は改装中で、大きな工事用のカバーの中。
二天門も同様に覆いがしてあって何も見えませんでした。

前々から気になっていたものを探しに朝早くでかけました。
千束の方です。
それは新吉原の大門です。
私はてっきり何か史跡でもあるだろうくらいの軽い気持ちがあったのですが、なにもなし。
確かに新たな照明用に作られた無骨な、しかもその方面の方々のご出資であろう看板はありました。
このあたりであろうと類推した場所に、親切なおじさんが立っておられたのでお尋ねしてみました。

事細やかにご教授くださった。
田舎の町から、今風のくだらない風俗のために足を運ぶ人間ではなく、真摯に時代小説の中の江戸情緒について質問したことが、先様の関心を呼んだようだった。
本当に詳しくお教えいただいて、心から深謝しています。

吉原神社はそれほどでもなかった。
これも説明板に書かれた由来やその説明では感動すべきものもないほどに新しいものだった。
ところがこの近くにあった遊女たちのお墓の前では、ぞわっーときました。
なんだか入り口に立った時から足がすくんで、鳥肌がたって、背中がぞくぞくしました。
こちらでも通りがかりのおばあさんが、立ちすくんでいる私に話しかけてくださって、ついでにご説明をいただいた。

多分おおよそこんな地に似合わない、ずんぐりむっくりのおっちゃんがなにしてるんでしょと気になったみたいだ。
本来の下級なお女郎さんの不幸な投げ込み墓は、まるで違うところにあるようで、そのおばあさんは是非そこにも行ったほうがよいように、詳しく行き方を説明されたが、電車に乗り換えての知らない場所なのでそこまでは止した。
これほど親切で優しくご教授くださったお二方がいたかと思うと、ちょうど吉原神社近くで尋ねた郵便配達のお兄ちゃんは不親切だった。
吉原神社をあと数十歩という場所で、尋ねたのだがけんもほろろに知らんといわれた。
その彼と別れて振り返ったら、そこが神社だった。

でも感心したのが、この地の名物なのであろう風俗店。
それらの数もさることながら、この朝早い時間に営業をしている。
沢山の呼び込みの兄ちゃんやおっちゃんが元気とも言えないが声をかける。
おおよそ客には似つかわしくない、貧乏たらしい、精気も感じられないようなこの年寄りに声をかけるわ。
これだけの呼び込みさんが働いているのであるから、中では女性がもっと働いていることになる。
またそれだけ元気なお客さんの数も多いということになる????。

ふらふら歩いていたのは私くらいで、あとは地元の老人と、ご出勤をされるのであろう若い派手目の女性が数人、つまりはまだまだお客様は見当たらない。

大門らしきところを後にして、見返り柳が残る堤まで行ったら、「吉原大門」という交差点があった。
ここから馬車道通りをとおって帰った。
かつての人々が歩いたであろう道に思いをはせて・・・・。

行きは千束通りを歩いて来て、またのんびり歩く。
ちょっとした昔旅行だ。

私が考えていた、この地のイメージはまったく違っていた。
女性が春をひさぐことには変わりはないのかもしれないが、私が見かけたこちらの女性には悲哀感はなかった。

スポンサーサイト

かなり久々の都会だ

  • 2009/10/27(火) 19:45:31

地上48階から夜景を見てPCを打っている。
二年ぶりのモーターショーです。

千葉方面に広がる夜景と東京湾を臨む夜景とで、実にすばらしいロケーションだ。
お月様も美しく輝いて、夢心地。
温泉ではないけれど、けっこうな風呂に入って、夕食後のひと時はネットカフェ。

年寄りには似合わない場所ですな。

ところでモーターショーは大幅に縮小されていて、がっかり。
国産車だけの展示、しかもエコカーが多く、夢のようなコンセプトカーは少ない。

どちらかというと夢を売っている産業ではあるのだから、このモーターショーだけは、もっと大胆であっていいはずなんだけれど・・・・。

世の中の不景気をもろにかぶった地味な祭典だった。

意外なことのかの元大臣だった小池女子を普通に見た。
取り巻きも無く、普通の女性のようだった。
意外と品位はあったね。

明日もここの予定だったけれど、早めに浅草でも行こうかなあ。

借りた本が2000冊を超えたので・・・。

  • 2009/07/30(木) 11:56:48

<宇野信哉さんの表紙、のんびり行き交う川船らと橋。江戸の町と生活を彷彿させる>

山本一力著『研ぎ師太吉』

<浮世絵の表紙絵も川船が描かれている>

山本一力著『粗茶を一服』、「損料屋喜八郎始末控え」シリーズの第三巻。

久々に山本一力さんの図書を手にした。なかなかの人気で借り手が多く、順番がこない。
一時期予約を入れてまで読みふけったが、近頃はあいたら借りればいいくらいの気持ちでいた。ところが知らぬ間にたくさんの新刊が出ていた。
なかなかの多作な作家さんで、そのエネルギーは恐ろしいものです。

で、この二冊で気づいたのだが、図書館から借り続けた本の冊数が二千冊を超えた。
時代小説ばかりをよくもこまめに探して読んできたものだ。
ダブって借りてきたものも含めれば、とうに二千冊は超している。少なくとも二千二百冊にはなっているだろうと思います。
このくらいになるとちょっとした時代小説のオーソリティーですぞ。

ところでこの分を金額に直すと、
3,026,966円。
無論消費税抜き金額ですので、これを加えると3,178,314円

そこそこの良い車が買える値段ですな。
いかにも私にとっては図書館はありがたい存在です。


時代小説の新刊はこれからも沢山出るでしょうし、ずっと借り続けるでしょう。
でもそれについて書くことには飽きが来た。
中谷美紀さんの新たなニュースもあまりないし、このへんで私のつまらぬ趣味の披瀝はやめにしよう。
ブログというものには、ずいぶんと楽しまさせてもらった。ありがたいことでした。

では、さいなら。

身分について考えさせられる小説

  • 2009/07/18(土) 21:29:31

<玉井ヒロテルさんの表紙絵。シリーズものであっても統一したイメージでないものも・・・。>

本shiraishikannon

白石一郎著『観音妖女』、「十時半睡事件帖」シリーズであります。

第一話 老狂恋道行(おいぐるいこいのみちゆき)
第二話 逃げる女
第三話 奉行たちの宴
第四話 観音妖女
第五話 奇妙な仇討
第六話 女たらし
第七話 枕絵ざむらい
第八話 お蔵番



八編のどれをとってもおもしろい。この作家様でないと書けないお話であります。
四話、五話など実におもしろいのですが、なかでも五話はわけてもおもしろいし、考えさせられることが多い。

登場人物の足軽について、これが大事なのだが身分について語ってある。

 百姓町人でこそないが、足軽は決して武士ではない。その身分は株によって売買され、誰でも株を買えば名字を名のりお役目につくことが出来るのである。だから大小を帯び羽織を着用はしていても、士分の家にゆけば足軽は入口の敷台に手をついて拝礼し、座敷に上がることも出来なかった。
雨や雪の日にも公然と下駄を履き、傘を用いることは許されない。道で藩の重役に会えば、土下座と称して履き物を脱ぎ、路傍にかがみ込んで敬礼をする。士分に対し無礼な仕打ちがあれば、たとえ切り捨てられても、文句は言えない。どのような身分である。


現代ではあり得ない差別である。
が、これを武家中心の世の中では差別とは呼ばないのです。

逆風!!!!ですって。

  • 2009/07/11(土) 20:33:03

このニュースは正しい。

たけし、東国原知事の次期総選挙への出馬に苦言
7月11日19時28分配信 オリコン

 討論バラエティ『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)が今年7月をもって放送開始から丸20年を迎えたのを記念し11日、東京・六本木の同局内で会見を行った。前日夜、都内で愛弟子・東国原英夫宮崎県知事と会食したことに言及すると「東には宮崎に謝れと言った。逆風どころじゃないぞ」と東国原知事の次期総選挙への出馬に苦言を呈したことを報告。これに対し、東国原知事は「考えさせていただきます」と返答したという。



誰か叱ってくれないかと思ってた矢先のニュースで嬉しい。
宮崎県知事はどうかしているからねえ。
ちょっと世間様の評判が良いと調子に乗るのが宮崎人の悪い癖なのでしょうか?
まともに最後までよかった知事は少ない。

「東には宮崎に謝れと言った。逆風どころじゃないぞ」
という師匠のお言葉はありがたい。弟子本人にも、また宮崎県民にも・・・・。

あまり重要視されてはいないご意見ではありますが、このところこんな意見も。

民主党の党首さんは、
「知事を一期も務めないで、国政に転身するのはおかしい。上昇志向だけが強い」

社民党の福島党首も、
「宮崎を踏み台にしないでほしい」
この福島党首自身は宮崎県出身者であるだけに、切実なお言葉だ。

批判するのは優しいけれど、私もこのところの混迷と東国原さんの言動は可笑しい。
宮崎の県議会では、この知事に自民党県議団が謝罪を要求して、知事本人が謝罪をしている。
折角タレントの力を利用して、宮崎県の知名度を上げたり、産業の発展に多大なる貢献をされた。
このままだとそれらの功績も正しく評価されなくなるし、やっぱ「そのまんま東」だったと言われて終わることの方が悲しい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。