スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本が2000冊を超えたので・・・。

  • 2009/07/30(木) 11:56:48

<宇野信哉さんの表紙、のんびり行き交う川船らと橋。江戸の町と生活を彷彿させる>

山本一力著『研ぎ師太吉』

<浮世絵の表紙絵も川船が描かれている>

山本一力著『粗茶を一服』、「損料屋喜八郎始末控え」シリーズの第三巻。

久々に山本一力さんの図書を手にした。なかなかの人気で借り手が多く、順番がこない。
一時期予約を入れてまで読みふけったが、近頃はあいたら借りればいいくらいの気持ちでいた。ところが知らぬ間にたくさんの新刊が出ていた。
なかなかの多作な作家さんで、そのエネルギーは恐ろしいものです。

で、この二冊で気づいたのだが、図書館から借り続けた本の冊数が二千冊を超えた。
時代小説ばかりをよくもこまめに探して読んできたものだ。
ダブって借りてきたものも含めれば、とうに二千冊は超している。少なくとも二千二百冊にはなっているだろうと思います。
このくらいになるとちょっとした時代小説のオーソリティーですぞ。

ところでこの分を金額に直すと、
3,026,966円。
無論消費税抜き金額ですので、これを加えると3,178,314円

そこそこの良い車が買える値段ですな。
いかにも私にとっては図書館はありがたい存在です。


時代小説の新刊はこれからも沢山出るでしょうし、ずっと借り続けるでしょう。
でもそれについて書くことには飽きが来た。
中谷美紀さんの新たなニュースもあまりないし、このへんで私のつまらぬ趣味の披瀝はやめにしよう。
ブログというものには、ずいぶんと楽しまさせてもらった。ありがたいことでした。

では、さいなら。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

私もずいぶん楽しませて頂きました。ありがとうございました。
終了されるのは残念ですが、そもそもブログとは日記ですから、何を書くのも自由。書かないのも自由。
バカな奴等がアクセス数を競うのなんてナンセンス。
しかし、これだけ読まれると、仰るとおりオーソリティーだし、立派なデータベースです。

また気が向いたら……、いやいやそんな事を言うのは野暮でした。
ではお身体に気をつけて。
やはり残念。

蛇足ですが、中谷さんは秋から久しぶりにTVドラマに出るそうですね。

  • 投稿者: くま当番
  • 2009/07/30(木) 21:10:44
  • [編集]

そんなことをおっしゃらずに・・

光ちゃん 様

十返舎一九の句みたいに「・・・はいさようなら」などと
おっしゃらずに、しばらくの間の「休筆宣言」と理解
させて下さい。

多忙な中、お好きな時代小説を読んでは、一生懸命に
ブログをお書きになったのですから、それはそれは
疲れもしますよ。飽きも来るでしょう。

いろいろ楽しませていただきましたし、大変勉強にも
なります。ある意味では貴重な時代小説講座です。
講義をする先生ですら夏休みくらい取ります。
ちょうど良い機会です。すこしリラックスされて下さい。

少々お休みされた後、また復活の日が来ることを期待
しております。休養も必要ですよ、たまには。

光ちゃんブログを楽しみにしている読み手もたくさん
います。がっかりさせないで下さいませ。

「舌の根が乾かぬうちに・・」なんていうのは
この際大歓迎です。「言った手前、恥ずかしい」
なんてかなぐり捨てましょう。充電されたら
さっさとカムバックを!

辛口コラムを待ってますよ、バッタバッタと
切り捨てて下さい。


陽気が不安定ですからご自愛下さいませ。

  • 投稿者: nnakazawa
  • 2009/07/31(金) 22:40:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。