スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっせか、せっせかやっている事。

  • 2008/09/24(水) 17:32:29

<結局使わなくなった「iPod nano」>
雑iPod02
八月に、「することもなく、暇にあかせて・・・。」というタイトルで一生懸命“iPod nano”をさわっていた話を書いた。
でもやはり4GBでは、容量が小さくしかもディスプレーが小さくて役にたたなかった。
しかも新型の“iPod nano”が出てきました。
結局は“iPod classic”を復活させる事にした。
これも新型は120GBとなっているようだが、そんなにはいらないね。

私が使っているのは80GBのほうだが、それでも空き容量は55GB近くある。
元の実質容量が75GBとしても、20GBくらいしか使っていないことになる。
せっせか、せっせかいろいろ詰め込む材料を探しては入れているけれど、これが満杯になる事は、私の一生より先かも知れないと思うくらいだ。
音楽が2000曲ちょっと、ムービーがほぼ220本、それにオーディオブックの中に古典落語が20話ほどであります。

音楽は三分の一はオールディーズ、別の三分の一がジャズとクラシックと演歌(?)、後の残り比較的新しい雑曲。誰かが拾って聞いたら、年齢がばれるようなもの。
このオールディーズ(言い方が気にくわないが)、或いはスタンダードナンバーは、なかなかアルバムアートワークが入手できない。
暇にあかせてネット上で拾ってきては、貼り付けている。
なんにも役にたつわけではないが、“Cver Flow”で表示させるときに、音譜マークの味気ない画面が出るのが気に入らない。

ニール・セダカ、ポール・アンカ、ボビーライデル、ジーン・ピットニー、そしてiPodに映っているコニー・フランシス等々。数え上げたらきりがないくらいだ。
私にとっては昨日の友のような存在であります。

<懐かしく可愛かった『ボビーに首ったけ』(マーシー・ブレーン)>
雑marcieblane

『ボビーに首ったけ』(マーシー・ブレーン)なんかのジャケットを見つけたときには感動だったなあ。
こんな古い曲は、クリックすればすぐ聴けるってわけじゃないから、今の人は誰も知らないだろうね。
古き良きアメリカ、英語を覚えたのもこんな音楽で、実にメリハリ合って解りやすい英語でしたねえ。

スポンサーサイト

することもなく、暇にあかせて・・・。

  • 2008/08/16(土) 08:46:53

<案外窓が小さく見づらいiPod nanoのCover Flow>
雑iPod01

お盆の人が来ぬ間は、男なんてすることもなく退屈な日々です。
家内は何かと台所仕事に忙しく、下手に声などかけると機嫌を損ねるのでじっと控えていた。
ふと思いついて、“iTunes”のアートワークの整理をした。
二千曲くらいの三分の一ほどがいまだ出来ていないので、本日完成させた。
アルバムをいろいろ検索したり、カバーデザインを拝借したりと、結構はまりこむと性格のせいか生真面目に、いやむしろムキになって作業を終えた。

暇にあかせて入力した曲や、他人様からもらってきた若い人の曲など、あるいはクリスマス特集だと押しつけられた曲だのとかなり未整理だった。
歌詞や歌い出しから曲名を探ったり、アルバムを照合したりと、なかなか大変だが愉しかった。
アートワークもほとんど貼り付けたので、“iPod nano”に同期させた。

結果は予期していたことであったが、“iPod nano”は、ウィンドウが小さくて見づらい。
せっかく作った“Over Flow”もパラパラ漫画のようで、ちゃちっぽい。
眼鏡をかけても、文字は拡大鏡を必要とするくらいだ。
やっぱり“iPod touch”の方が、この点は見やすいし、慣れれば使いやすい。

やっと、変わった。長かったなあ。

  • 2008/07/26(土) 07:20:13

このニュースを見たときには思わず笑ってしまった。
ずっとずっと違和感をもってはいたけれど、やっと改善されるわけだな。

マイクロソフト、外来語の長音表記ルール変更 - プリンタはプリンターに
マイクロソフトは、外来語カタカナ用語末尾の長音表記について、従来はJISの記述ルールにしたがって、プリンタやドライバのように長音を付けない表記ルールを採用していたが、今後は国語審議会の報告を基に告示された、1991年6月28日の内閣告示第二号をベースにしたルールに原則準拠するよう方針を変更し、プリンタ-やドライバ-のように、末尾の長音を付けるよう改めることを発表した。


ついつい自分でもこういう風に書くのが、PC上でのル-ルかなと勝手に解釈して長音を省略したりしていた。安易に流れ着いてしまう正確が災いして、大いに恥をかいていたのかもしれない。

具体的には、英語由来のカタカナ用語において、言語の末尾が-er、-or、-ar などで終わる場合には長音表記を付けることを推奨する。ただし、内閣告示第二号では慣用により音引きを省略する例外も認められいるため、アウトドアやシニアなどは、従来どおり長音を付けない表記を用いる。


<長音表記しない例外>
雑choon001
それにしても、これらの変更にたどり着くまでには、えらく時間がかかったものですね。

マイクロソフトでは、今回ルールを変更した理由として、

・コンピューターが広範に普及するにつれ、工業系/自然科学系の表記とユーザーの違和感が増大している
・市場のニーズとして、より発音に近い表記が求められている
・ハード/ソフト上の制約が技術進歩とともに解消された
・読み上げソフト等、アクセシビリティ向上においても自然な発音が求められている
・新聞、雑誌やTVですでに原則とされているほか、同業界内の多くのメーカーで採用されている


それにしても、沢山の盗用で本日のブログは終わった。

暇をもてあまして・・・。

  • 2008/07/05(土) 08:21:08

毎日暇ですので、あちらこちらをうろうろしています。
「マイコミジャーナル」を読んでいましたら、欄外の“Ads by Google”に意外なものを見つけました。

宮崎限定パソコンサポート
www.pcdustcleaning.com
メーカーや量販店の修理に出す前に 解決できることがたくさんあります。


宮崎でサポート業をなさっていらっしゃる方の広告でした。
案外、宮崎の田舎でも成り立つご商売なのかなと感心してました。

急な暑さで、体調が悪く、ネタもなかったのでこれで良いかな、本日は。
と、思ったら次の項目に、

いよいよ明日から「ダビング10」開始、「コンセントは抜かないで」
「ダビング10」が4日午前4時からいよいよスタートする。すでに製造・販売されたDVDレコーダーやハードディスク内蔵のテレビも多くは、電波によるソフト書き換えでダビング10に対応できるようになる。だが、書き換えは、電源を切ってコードをコンセントにつないだままの時に行われる。そのため、メーカーなどは「コンセントは抜かないで」と呼びかけている。


そんなに沢山ダビングすることもないし、ムーブするとその画像が本体から消えるので、手間が省けていたんだけれど今度は残ることになる。
また画面をチェックして、ときおり消してあげないといけない。
面倒なことではなかろうかね。

また、ちょっと教わったことを復習して・・・。

  • 2008/06/06(金) 09:15:39

またまた、いつもお世話になっているサイト『どこからともなくやって来た人の話』様に、教わった別のサイトでの事を復習して自分でもやってみた。
「SuperLame!com」というところで、簡単に写真に“吹き出し”を作ってくれる。
慣れると形、大きさ、矢印みたいなものまでいろいろ変えられて便利。
ただし、日本語入力は試したけれど不可みたいでした。

<お手本の先生の写真がネコだったので、弟子の私も子供の家の「クロコ」という“ぐうたらネコ”で>
雑neko01

こんなのって、実際些細なことなんだけれど、出来てしまうと実に楽しい。
先生また何か教えてください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。