スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆風!!!!ですって。

  • 2009/07/11(土) 20:33:03

このニュースは正しい。

たけし、東国原知事の次期総選挙への出馬に苦言
7月11日19時28分配信 オリコン

 討論バラエティ『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)が今年7月をもって放送開始から丸20年を迎えたのを記念し11日、東京・六本木の同局内で会見を行った。前日夜、都内で愛弟子・東国原英夫宮崎県知事と会食したことに言及すると「東には宮崎に謝れと言った。逆風どころじゃないぞ」と東国原知事の次期総選挙への出馬に苦言を呈したことを報告。これに対し、東国原知事は「考えさせていただきます」と返答したという。



誰か叱ってくれないかと思ってた矢先のニュースで嬉しい。
宮崎県知事はどうかしているからねえ。
ちょっと世間様の評判が良いと調子に乗るのが宮崎人の悪い癖なのでしょうか?
まともに最後までよかった知事は少ない。

「東には宮崎に謝れと言った。逆風どころじゃないぞ」
という師匠のお言葉はありがたい。弟子本人にも、また宮崎県民にも・・・・。

あまり重要視されてはいないご意見ではありますが、このところこんな意見も。

民主党の党首さんは、
「知事を一期も務めないで、国政に転身するのはおかしい。上昇志向だけが強い」

社民党の福島党首も、
「宮崎を踏み台にしないでほしい」
この福島党首自身は宮崎県出身者であるだけに、切実なお言葉だ。

批判するのは優しいけれど、私もこのところの混迷と東国原さんの言動は可笑しい。
宮崎の県議会では、この知事に自民党県議団が謝罪を要求して、知事本人が謝罪をしている。
折角タレントの力を利用して、宮崎県の知名度を上げたり、産業の発展に多大なる貢献をされた。
このままだとそれらの功績も正しく評価されなくなるし、やっぱ「そのまんま東」だったと言われて終わることの方が悲しい。

スポンサーサイト

『密約あり』って感じするね。

  • 2009/07/01(水) 09:13:04

東国原氏、比例1位で処遇=衆院選対応で自民が検討
6月30日18時3分配信 時事通信

 自民党は30日、次期衆院選への出馬を要請した東国原英夫宮崎県知事について、比例代表の1位として処遇する方向で検討に入った。知事の知名度を生かすため、具体的には無党派層が多い東京や南関東のブロックからの出馬が浮上している。衆院選の苦戦が予想される中、タレント出身でもあり全国的に人気がある知事を衆院選の目玉候補とし、党勢拡大につなげたい考えだ。
 同党の古賀誠選対委員長は29日、河村建夫官房長官と会談し、東国原知事に関し「国政に意欲がある」との感触を伝えた。この後、河村氏は首相に報告した。
 古賀氏は23日に宮崎県庁に出向き、知事に衆院選出馬を要請。知事は自らを党総裁候補とすることを条件に挙げ、回答を留保した。古賀氏らには、知事の出馬が早めに固まれば、知事が7月3日告示-12日投開票の東京都議選の応援に入ることができるとの期待もある。
 ただ、知事は30日、県庁で記者団に「(同党からの接触は)ない。返事がなければ県政にまっしぐらだ」と強調。比例1位での扱いを受け入れるかどうかは不透明だ。また、受諾したとしても、純粋比例候補は極力抑制するとの党の基本方針と矛盾するため、異論が出る可能性もある。

 


麻生首相 東国原知事の入閣で調整 分権改革担当を検討
毎日新聞

 麻生太郎首相が閣僚人事で、次期衆院選に自民党公認候補として擁立を打診している東国原英夫宮崎県知事を入閣させる方向で検討していることが6月30日分かった。首相は閣僚の兼務解消などに伴う人事を一両日中に断行する方針で、東国原氏を地方分権改革担当などのポストで処遇することで調整している。衆院選に向け、国民的な人気の高い東国原氏を自民党の「選挙の顔」にすることで、民主党に対抗するのが狙い。



政治の世界ってスゴイよね。
立候補するかどうか不明の、しかも通るかとおらないか分からない人物をすでに大臣にしてしまう。
なりふり構わない年増女の馬鹿狂いってところですかねえ。

知られていないであろう、こんな知事の発言。

  • 2009/06/30(火) 09:07:07

「(国政に)行くなと言うんだったら、行かない。(もし残ったとしても知事職を)一年半、プラーっとさせてもらう。一期でやめて、その後、誰がなるのかわからない」


東国原知事が28日に開いた日南市(宮崎県南部)で開いた政治資金パーティでの発言であります。
彼はもうすでに宮崎を見限っている。
大いなる開き直りであります。それに同調して仕方ないかという輩も多いです。

前回元国交相が国政への誘いを呼びかけて、県民の反対が82%で取りやめになった経緯がある。今回古賀某かの呼びかけで、またもや国政への転出意欲を見せている知事でありますが、県民の反対は62%であります。
知事曰く、「反対が減りましたね」
この程度の意識であります。

同日に記者団に、知事は会見で言われた。

「予算を編成し来年二月の県議会で採決されれば、事実上僕の仕事は終わり。僕が辞めてもマニフェストは達成される」


この言葉に地元紙の論説委員は、

任期四年のうち一年七ヶ月を残し「仕事が終わり」とは聞いたことがない。だがもはや、反対する県民の思いは届かないだろう。


国政転出の結論ありきの理論武装が何かと目立つ。

私も同感であります。最初の頃、途中まで応援してはいたけれど、この人の本心が見え始めてからは、「あ~あ、やはり上昇志向人間か?芸人根性は抜けねえな」と感じていました。

地元でも利害関係のない有知識人は、皆さん同様に呆れかえっています。
いくら良いこと言っても、自民党との密約は出来ているようでして・・・ね。

謂わば、変節漢と同じでありましょう。

  • 2009/06/25(木) 08:40:23

現在、TVなどで宮崎県知事が国政に転身する話が話題となっている。

この方は案外な『変節漢』でありました。
自民党政治への変革を謳い文句に、対立する自民党候補を破って知事になったが、いつのまにか
途中自民党にすり寄る関係となった。

今回の問題をとりあげた県庁のアンケートでも、賛否両論しているわけではない。
県民の大半が彼の国政への転身を82パーセントの人が反対をしている。
一期もまともに勤め上げず、ちょっとだけ火種をつけてトンズラするのは許せない。
県政をちょっと上向きにさせた功労で、自分だけが抜け上がろうとしているとしか思えない。

もっと許せないのは、「彼は県民の了解を得ている」とうそぶく。

私の周りの良識ある人々も呆れている。

変革と革新を求めて応援を最初はしたが、今では私は批判的だ。
こういう人を日本語では『変節漢』といって軽蔑する。
所詮は上昇志向の強いお笑いなのだというのが、正体だろう。
TV・マスコミを賑わして嬉しがっている出たがり人間だ。

またそれほど、TVで騒ぐほどこの宮崎では大問題にはなっていない。

酒に縁がない人にも・・・・。

  • 2009/04/16(木) 19:09:18

母の誕生日でありましたので、ちょっと綾町まで出かけてきました。
『酒泉の杜(しゅせんのもり)』というちょっとした憩いの地なのですが、もともと酒造会社の大きな工場に面して作られた良い所でした。
子供が小さい頃に行ったような記憶がありますが、なにせ酒を嗜みませんので、この様な施設には余り縁がありません。

<酒泉の杜の全体風景>

雑syusennomori

奥の方にワイナリーがあり、天然温泉、宿泊施設、お土産やさん、ガラス工房、地元工芸品販売所など見て回ると結構広くて楽しめる所でした。
朝早かったので、広い広い温泉には彫り物をしたおじさんと二人きり。
確か入り口に「入れ墨の方はお断り」とありましたが、多分この方のは「入れ墨」ではなく、「彫り物」なのでしょう。
二人であちらとこちらと遠く離れて過ごしました。
私はその不動明王が彫られたくりからもんもんを身近に見たかったのですが、この御方が遠慮されるのか近くへはおいでになりませんでした。

酒類の販売品も多く、綺麗な売店では試飲が楽しめます。
但し私は近づいただけで飲酒運転になるほど、アルコール類に反応しますので敬遠です。
この分野は家内の出番で、しっかり試飲を試み、土産物を厳選していた(?)ようでしたね。

ここでの有名なものは現代の名工と呼ばれる“黒木国昭”氏の工房がある事です。
展示即売所があり、華やかな光琳調のものから切り子まで多種多様が並べられ、季節柄ガラスの兜まであります。
価格も数万円から二、三百万円以上までピンキリで見事な作品群です。
工房では若い後継者の方々が汗まみれで励んでおられるのが印象的です。

愉しいひとときでしたね。

ところでこんなものを見つけて飲んでみました。

『キリンノンアルコール飲料“フリー”』
へええ、ビールってこんな味のもの????

<一気に飲んだ“フリー”>

雑nonal01

飲酒運転防止とかなんとかいってますが、私のような酒を飲んだことのない人間にも良いかもしれません。
美味いかどうかは判りません。
なにせビールを匂った事すらないのですから・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。