スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない作家さまにも、いい作品があるんですねえ。

  • 2009/02/26(木) 19:41:48

<広重の「名所江戸百景」より『鎧の渡し小網町』、とても情緒あふれる表紙>

本higuchihunayado

樋口有介著『船宿たき川捕物暦』。
私は浅学なのでついぞ、この作家樋口有介様を知りませんでした。
あえて作家様と敬称をお付けできるほどいい作品でした。
時代小説作家がご専門ではないのでしょうが、とても面白く、しかもなかなか出来の良い本です。

帯の文章には簡単に触れています。

江戸情緒あふれる著者初の時代小説。

江戸の岡っ引きの総元締め米造。
小野派一刀流の「青鬼」真木倩一。


事件が二人の縁を結び、その縁が新たな事件を呼ぶ。


主人公は白河藩松平家のご落胤かも知れぬという、剣の腕の立つ二枚目でとても気さくな男です。
偶然夜道で掠われそうな女を助けることから、物語は広がっていく。登場人物がいずれもとても魅力的な人々であるし、主人公を取り巻く三人の女の行方が気がかりで読み進んでいく。この絡んでくる女性がいることが、小説ではと言うより、私には大事なことであります。
ところが三人目の女は最初に名前が出たっきり、一度も顔をさらさないのは残念の極みであります。二作目にでも出てくるのかしらね?

と言うのも、この本は二作目がなくてはおかしい。
で、読んでいるうちにそれを予感することが沢山ある。
事件に絡んでくる時の権力者、老中田沼意次の息、意知が若年寄に進む話が最後の一行に書かれていることなどもその謎かけでありましょう。
そもそもこのタイトル『船宿たき川捕物暦』を考えると、主人公の立場からこの二作目がないと生きてこないタイトルなのです。

などと考えていると、この作家樋口有介様のプロフィールの中に、新作名まで書かれてあった。
『初めての梅 -船宿たき川捕物暦(2009年1月 筑摩書房)』となっている。
早速また借りてこなくては・・・・。

スポンサーサイト

何度読んでも楽しめる本。

  • 2009/02/25(水) 11:23:41

<とても落ち着いた表紙で、薄い手触りがいいね>

本fujisawashizukanaki

藤沢周平著『静かな木』
この本はずいぶん前に読んだ。しかも何度か読んだ。
図書館通いをして、時代小説ばかりを読んでいる今よりずっと昔に読んだ。多分一度、藤沢周平ブームがあったか何かで読んだのだ。
薄っぺらで、文字も大きく、行替えが頻繁で、しかも内容も短編三編で読みやすかったからだろう。

岡安家の犬
静かな木
偉丈夫



中でも「岡安家の犬」は、別のアンソロジーに入っていたものも読んでるので、数回読んだことになる。
時代小説というものの中で、武士を主人公に据えた武家小説には多岐にわたっていろいろな話があるが、この小説はとても柔らかい。読んでいて清々しい、晴れやかな気になる。非情なだけの武家社会を描いたものからすると、とても心休まる。
作家がゆとりある心境でなければ書けない美談であります。

藤沢周平作品は、作家の魅力が大きいので読んでいて楽しい。その理由の一つにお江戸とはかけ離れた東北の小藩の出来事が多く、江戸の町に固執して、江戸の町筋を思い描きながら辿っていく苦労は読者にない。案外これが楽なことなのかも知れないと思いますね。
当たり外れのないのもいいです。
山本一力さんのように力が入りすぎている一本気なのも、それはそれで面白いでしょうけれどちょっと疲れます。

近頃おかしなことは沢山あるけれど・・・。

  • 2009/02/24(火) 20:34:40

近頃おかしなことは沢山あって、人間そのものが質的に下降しているようだね。

交通マナーなどが良い例で、交差点の信号すら守れない人々は多くなっている。
信号が黄色になっても、加速して行き過ぎる人は多いし、中には赤信号でも通過していく。
黄色になりかけて徐行をするというのではなく、黄色では行かなければ勿体ないし、出来れば赤でも前の車に遅れてしまうというように、つまりためらいがなく信号を無視している。

交差点で前方の信号の脇の歩行者用信号などを、よく注意してみていると信号の変わるのは予測が付く。
その予測の元に、黄色の信号は徐行し、もしくはそこで停車をする。
このくらいのわきまえは・・・、などと思っていると後方の車が急停車をする。
リアビューミラーを覗くと、「おっさん、あんで止まんだよ!」とでも言いたげな男の顔が睨みつけている。
世も末だねえ????

たまたまTVを見ていると、なんだか物売りの番組だった。
画面の隅に
“個人の感想であり、使用感には個人差があります”
という文字が書かれている。
被験者らしい人物がこれは素晴らしいとおべんちゃらを言っている脇に、この文字が映っている。
使用感に個人差があるのであれば、悪いと言っている人の苦々しい表情も並べて映して欲しいものだ。
良い事ばかりを並べて、調子よく売るものにろくなものはない。

本当に真のともなどという者だって、相手に対し苦言を堂々というから良いのであって、甘い褒め言葉ばかりを並べる奴に言い人物はいない。

高い見識だと思いますよ。

  • 2009/02/19(木) 09:38:06

ちょっと人様のところを引用させていただきたいと存じます。
申し訳ないけれど・・・。

中谷美紀、現在の日本を憂う「今の時代には次郎さんが必要……」
マイコミジャーナル  高橋千文 2009/02/18

2月28日放送スタートのNHKドラマ『白洲次郎』(全3話 21:00~22:29)の試写会が17日、東京・渋谷のNHKで行われ、同ドラマに出演した伊勢谷友介と中谷美紀が出席した。
激動の昭和史を駆け抜けた白洲次郎の生涯を初めてドラマ化。知られざる白洲のエピソードを、イギリスロケを含めた壮大なスケールで描いていく。



<記事の中の中谷美紀さん>
中谷shirasu001

ここで肝心なのが、この文章のタイトルになっている言葉であります。

「今の時代、保身に走る方々がたくさんいらっしゃいますし、優しさと弱さを混同されている男性が多いと言いましょうか(笑)。次郎さんは、リスクを背負って人のために戦うことができた人。犠牲を恐れない強さがあり、貫くべきところをはっきりと主張したことは尊敬に値します。この時代において、最も必要とされている人だと思いますよ」と混迷を深める現在の日本に、彼のような人物の出現を切望した。



こんな高い見識でお話を、中谷美紀さんはなさっているが、このレベルを日本人の若い女性にも保って欲しい。
見てくれや、見栄などに溺れずに・・・・。

凄い人気でっせ!!!WBCチーム。

  • 2009/02/18(水) 21:19:21

野球:WBC 侍ジャパン始動 宮崎市で代表候補合宿 /宮崎
2月17日15時1分配信 毎日新聞

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表候補合宿が16日、宮崎市で始まった。サンマリンスタジアム宮崎には、イチロー選手(マリナーズ)や松坂大輔選手(レッドソックス)ら代表候補33人が日の丸のユニホームで集結。雄姿を見ようと、約3万7000人のファンが詰めかけた。
 東国原英夫知事らも激励に訪れ、原辰徳監督に宮崎牛20キロ、日向夏15キロなど特産品を差し入れた。
 練習後、ゲート付近には色紙を手にしたファンが人垣を作った。球場周辺には飲食、グッズなどを扱う店舗が並んだ。母親と見に来たという宮崎市佐土原町の田村みゆちゃん(5)は「イチロー選手は遠くからしか見られなかったけど、楽しかった」と話した。
 約3000台収容の駐車場は満車。宮崎駅前バスセンターから20分間隔で橘通、宮交シティ経由のバスが出ている。合宿は22日まで(19日は休養日)。入場無料。【小原擁】




本日、WBCチームの宮崎キャンプは大入り満員。
お天気は上々、明日は練習がお休みなので、今日は最高の人出だったそうです。

練習場である木花総合運動公園“サンマリンスタジアム”は、超満員の46000人。
午前九時には青島バイパスは、6kmの渋滞。
いずれにしても過去最高の記録ではなかろうか?

駐車場は通常最高6000台ほどの収容能力だから、近隣の駐車場、或いは青島まで満杯。
数キロメートル手前の田んぼの中のあぜ道、脇道までびっしり。
青島から会場までの無料シャトルバスも、存分に活躍出来ないほどの車、車、車の洪水。
どだいこんな田舎の町にこれだけ大量の車を見る事すら前代未聞であります。
普段このバイパスは時速60km制限スピードなのですが、80kmでも走れる空いた道路なのです。
いっやあ、これは凄い。

日本の一流若手選手が一堂に会するとは言え、これらを見学なさる方々の情熱は恐ろしいものがありますな。
しかも近隣県だけではなく、中国地方あたりのナンバーを付けた車も見かけましたから、お好きな方は頑張っておいでになるのでしょう。
九州北部ですと宮崎まで4、5時間、高速を降りてまた渋滞で2、3時間。
駐車場から会場までまた小一時間はかかるとすると、これはご苦労様としか言いようがない。

と言う私も、「ちょっとね」と家内を口説いて出かけたわけですが、あの渋滞を見て中途でコース変更。
海を見に行ったのですが、こちらは何処も人影まばらで、宮崎観光は先行き不安です。

<フェニックスドライブインにある展望台から>

宮崎drivein

でもあの凄い人混みを脇目に見ると、私たち年寄りはこんなのんびりした風景の方が似合っている。

日本の政治家は????

  • 2009/02/17(火) 21:12:08

日本の政治家、しかも大臣クラスの情けない退陣はちょっと異常な事態だと感じる。
今回の事件もそうであります。

中川財務相、法案通過待たず辞任 予算審議空転で
 予算関連法案の通過後の閣僚辞任を表明していた中川昭一財務・金融担当相は17日夜、首相官邸を訪れ、麻生太郎首相へ辞表を提出し受理された。(産経新聞)


国際的に“日本人の恥” をさらした態度も許し難い行為だけれど、その後の対応が二転三転するのにも恥の上塗り以上のなにものでもない。

やはり潔く辞めるというのであれば、
「どうも酒を過ごしてしまい、申し訳ありませんでした」
と真実を暴露して辞めるべきである。
百人が百人ともかの大臣の醜態は酔っぱらっていると確信している。
あれは映像で見る限り『酔眼朦朧』と言う言葉そのものではなかろうか?

隣にいた日銀総裁にも幾ばくかの責任があると思う。
彼は酔っておられるとは思わなかったと発言して庇っているが、あれだけ隣にいればお酒の臭いもかぎ分けられたはずではなかろうかねえ?
へんに庇い立てするのは、決して良いことではなく、それは武士の情けでもないし、あとあと事実が発覚した際に本人がお困りになるだけではないか。

また周辺の人間の庇い立てもちゃんちゃら可笑しい。
石原都知事など親父と親友だから惜しいなどと、個人的な自由で庇っていたし、全然筋違いなコメントをして、酔っていると思ったかという質問では「医者ではないのでわからない」ととぼけた答えを述べていた。都民はこんな人が知事だから、可哀想に銀行のことなどでも苦労させられるのだね。

私が一番気に入らないことは、やはり二世議員が多いと言うことだ。なんの信念も苦労もないまま“地盤、看板。鞄”を引き継いで政治家になる。
昔親父は苦労をしたかも知れない政治家たちの二世さん等は、高等教育だけを受けたひ弱な優等生だけに、つまらないことで転けていく。
つい最近首相をお辞めになったお二方しかり、現総理だってそれに近いものだし、政界・財界に数え上げればうじゃうじゃいる。
縄張りを受け継ぐ野生の猿らや動物と同様に、縄張りを受け継ぐがしっかりした統率力や、指導力があるわけではない。
それでも野生の動物の仲間には、熾烈な戦いの後に得る“力”があり、“統率力”“支配力”がある。つまり彼らにはなんらかの取り柄というものがある。

時代小説の中でも、剣の道統を継がせるに当たり安易に子供に譲ると言う話は少ない。
やはりそれなりの道を究め、真にふさわしいと認められた実力者にのみ、継がせるのが道となっている。

甘い甘い世界に、ぬるま湯につかった政治家がたむろしている。
『愚』の構図であり、なかなか解体されない構造だ。

ところで特にこの方の場合は、親は自殺をしている。当時いろいろ噂や風聞があったが、社会一般では自殺をした親を持つ子供は、控えめにして表立って行動をとれないでいる。
誤解を招くような言い方ではあるが、彼がそうしなければいけないと言っているのではありません。
そうでなくてはいけないというのではなく、社会がそのような目で見ていて、あの方のように大らかには暮らしすらしていないのが事実であります。
案外寂しく、じっと影のように生きている人を二三知っている。

なんだか根性がないようで・・・・。

  • 2009/02/13(金) 20:48:24

どうも変なコメントが多くて「やーめた!」とやめたのだが、暇だもんでまた書いてます。
根性なしであります。
何かに向かって抵抗するとか、強い意志を貫くと言う事は苦手なのでしょう。
ましてや、大した輩でもない馬鹿者に抵抗を試みても馬鹿らしい。
とは言っても、くだらないコメントは相も変わらず来るね。
親切なお人が解決策をアドバイスを下さったりしたのだが、それも「まあ良いか」ってことで実行してません。

あまり根を詰めずに適当に気を抜いて・・・。書いていくです。


しばらく暇したのでのんびり読んだ本です。
<基本的にはブルーが基調の蓬田やすひろ画伯だが、今回はちょっと赤っぽい色目です>

本sasazawaaoiharu

笹沢左保著『青い春の雨』、「新・一茶捕物帳」と副題があります。
以前に『一茶人情捕物帳』を読んだので、その続編でしょう。と言っても話は一話完結ですから、続き話はありません。
一茶は小林一茶の若い頃でありまして、場所も川向こう、今の江東区深川ですから、俳人は芭蕉も含めて人気のある土地なのでしょう。

一茶が捕り物のお手伝いをする。そして解決した話の終わりに一茶の句が掲げられる。
作者・笹沢左保さまはこれらの句から、逆にストーリーを編み出して行かれたのかも知れない。
そのためには素晴らしい感性と、恐るべき造詣の深さでありましょう。感服します。

天才的一茶の洞察力は遺憾なく発揮されるのですが、これだって作家さんが実力がないと違和感が残るし、また膨大なる知識の披瀝で、何処か納得させられる強さがあります。
たんに口先だけで調子の良い事をいう人間を信頼出来ないと思うのに似て、力でねじ伏せられるような立派な実力には敬服するのが凡人の私であります。

でもこの本のタイトル『青い春の雨』、俳人の感性で付けられた題名でしょうけれど、何処か春というのに寒々とします。
一茶という心優しい人物が事件を解決するたびに、罪人をこしらえていく罪作りな己の行為を、何となく恥じているような心持ちが伝わってきます。

<全体が黄色く色づけされた表紙絵>

本inabaooedoninnjo

こんな本も読んでいました。
稲葉稔著『大江戸人情花火』。
この表紙絵が黄色いのは、この当時江戸時代の花火は単色で華麗な色は技術的に望めなかったからでありまして、見ている人はこの様に色は照り返されたであろうという絵なのでしょう。

作者さんは新人なのかよく知りません。
江戸で有名な「鍵屋」「玉屋」という花火のお店の話であります。
よくお調べが行き届いていて、お話は面白かった。
もう少し時間がたつともっと面白くお書きになれるでしょうね。

暇に飽かせて読んでいる私は、勝手な事が言えますが作家ご本人は大変なのでしょう。
時代小説はお書きになる世界が、過去のことなので資料や調べ物がご苦労だと感じますね。
それを作品に生かす事はもっと大変なのだと思います。

春ですねえ、陽気は。

  • 2009/02/11(水) 18:36:50

他所様はいざ知らず、当地は春爛漫。
このところは、暖かい陽気でまさに“春”!
そんな陽気に誘われて、梅観に出かけていきました。

“宮崎市民の森公園”には、かなり端の方に梅園がありますので、ここへ出かけていきました。
満開をやや過ぎた梅はそれでも、見事に咲き誇って人々の目を楽しませていました。
家族連れが観梅に沢山いらしていました。

<満開を過ぎた梅園>

花tori02

<立派に咲き誇る白梅>

花tori03

春の季節は花と共に、こうした鳥の訪れにも感じますね。
“メジロ”でしょう。
梅の木の間をちょこちょこと飛び回っては花の蜜をなめておりました。(多分?)
雀よりも小さく、じつに可愛く愛らしい。
「梅に鶯」とはいうけれど、我が家でも普段はメジロを見かけます。

<仲むつまじいさまはとても愛らしい>

仲むつまじいさまはとても愛らしい

<すこしピンぼけではありますが>

花tori01

こんなことは、時代小説読みには常識なんだけれど・・・・。

  • 2009/02/07(土) 08:40:58

<味はあるんだけれど原田維夫さんの表紙絵の版画は>

本sasazawadonta

笹沢左保著『疫病神呑太』。

時代小説読みにはほとんど常識な事に、捕物帖の十手というものがある。
この十手というものは、同心が持つ十手には房があり、岡っ引きの十手には房がないことになっている。

この面白い本の中には、主人公“疫病神呑太”の着替えをするシーンが書かれてある。

 おふじが後ろへ回って、呑太の背中に羽織を着せかける。呑太は腰を伸ばすと、着物の裾をキリッと絞って尻っぱしょりをする。縁起棚から十手を取って、帯の前の部分に差し込む。岡っ引きの十手に、朱房とかの房はついていない。



本の著者、笹沢左保さん自らこの様に書かれている。
ところがどう間違ったか、原田維夫さんの表紙の版画には房のついた十手を持った主人公が描かれている。版画だから彫り直しが面倒だったのかも・・・・?
確かに銭形平次や、TVの時代劇で出てくる岡っ引きは房のある十手を持っていますよね、間違いだけれど。

またこの中に出てくる同心の登場にシーンには、

髷を小銀杏に結い、着流しに三ツ紋付の黒羽織、裏白の紺足袋、博多帯に大小の刀をぶち込み、朱房の十手を背中に差す。



つまり差す位置が違うのですよね。

いやあ、まいったねえ。

  • 2009/02/06(金) 20:40:52

「やーめた!」って、ブログを止めれば、変なコメントは来ないと思ったのに。

次から次からお構いなしに来る。
その間に削除したものだけで、相当な数だ。
あきれたしまうよ。
愚か者どもには・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。