スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本が2000冊を超えたので・・・。

  • 2009/07/30(木) 11:56:48

<宇野信哉さんの表紙、のんびり行き交う川船らと橋。江戸の町と生活を彷彿させる>

山本一力著『研ぎ師太吉』

<浮世絵の表紙絵も川船が描かれている>

山本一力著『粗茶を一服』、「損料屋喜八郎始末控え」シリーズの第三巻。

久々に山本一力さんの図書を手にした。なかなかの人気で借り手が多く、順番がこない。
一時期予約を入れてまで読みふけったが、近頃はあいたら借りればいいくらいの気持ちでいた。ところが知らぬ間にたくさんの新刊が出ていた。
なかなかの多作な作家さんで、そのエネルギーは恐ろしいものです。

で、この二冊で気づいたのだが、図書館から借り続けた本の冊数が二千冊を超えた。
時代小説ばかりをよくもこまめに探して読んできたものだ。
ダブって借りてきたものも含めれば、とうに二千冊は超している。少なくとも二千二百冊にはなっているだろうと思います。
このくらいになるとちょっとした時代小説のオーソリティーですぞ。

ところでこの分を金額に直すと、
3,026,966円。
無論消費税抜き金額ですので、これを加えると3,178,314円

そこそこの良い車が買える値段ですな。
いかにも私にとっては図書館はありがたい存在です。


時代小説の新刊はこれからも沢山出るでしょうし、ずっと借り続けるでしょう。
でもそれについて書くことには飽きが来た。
中谷美紀さんの新たなニュースもあまりないし、このへんで私のつまらぬ趣味の披瀝はやめにしよう。
ブログというものには、ずいぶんと楽しまさせてもらった。ありがたいことでした。

では、さいなら。

スポンサーサイト

身分について考えさせられる小説

  • 2009/07/18(土) 21:29:31

<玉井ヒロテルさんの表紙絵。シリーズものであっても統一したイメージでないものも・・・。>

本shiraishikannon

白石一郎著『観音妖女』、「十時半睡事件帖」シリーズであります。

第一話 老狂恋道行(おいぐるいこいのみちゆき)
第二話 逃げる女
第三話 奉行たちの宴
第四話 観音妖女
第五話 奇妙な仇討
第六話 女たらし
第七話 枕絵ざむらい
第八話 お蔵番



八編のどれをとってもおもしろい。この作家様でないと書けないお話であります。
四話、五話など実におもしろいのですが、なかでも五話はわけてもおもしろいし、考えさせられることが多い。

登場人物の足軽について、これが大事なのだが身分について語ってある。

 百姓町人でこそないが、足軽は決して武士ではない。その身分は株によって売買され、誰でも株を買えば名字を名のりお役目につくことが出来るのである。だから大小を帯び羽織を着用はしていても、士分の家にゆけば足軽は入口の敷台に手をついて拝礼し、座敷に上がることも出来なかった。
雨や雪の日にも公然と下駄を履き、傘を用いることは許されない。道で藩の重役に会えば、土下座と称して履き物を脱ぎ、路傍にかがみ込んで敬礼をする。士分に対し無礼な仕打ちがあれば、たとえ切り捨てられても、文句は言えない。どのような身分である。


現代ではあり得ない差別である。
が、これを武家中心の世の中では差別とは呼ばないのです。

逆風!!!!ですって。

  • 2009/07/11(土) 20:33:03

このニュースは正しい。

たけし、東国原知事の次期総選挙への出馬に苦言
7月11日19時28分配信 オリコン

 討論バラエティ『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)が今年7月をもって放送開始から丸20年を迎えたのを記念し11日、東京・六本木の同局内で会見を行った。前日夜、都内で愛弟子・東国原英夫宮崎県知事と会食したことに言及すると「東には宮崎に謝れと言った。逆風どころじゃないぞ」と東国原知事の次期総選挙への出馬に苦言を呈したことを報告。これに対し、東国原知事は「考えさせていただきます」と返答したという。



誰か叱ってくれないかと思ってた矢先のニュースで嬉しい。
宮崎県知事はどうかしているからねえ。
ちょっと世間様の評判が良いと調子に乗るのが宮崎人の悪い癖なのでしょうか?
まともに最後までよかった知事は少ない。

「東には宮崎に謝れと言った。逆風どころじゃないぞ」
という師匠のお言葉はありがたい。弟子本人にも、また宮崎県民にも・・・・。

あまり重要視されてはいないご意見ではありますが、このところこんな意見も。

民主党の党首さんは、
「知事を一期も務めないで、国政に転身するのはおかしい。上昇志向だけが強い」

社民党の福島党首も、
「宮崎を踏み台にしないでほしい」
この福島党首自身は宮崎県出身者であるだけに、切実なお言葉だ。

批判するのは優しいけれど、私もこのところの混迷と東国原さんの言動は可笑しい。
宮崎の県議会では、この知事に自民党県議団が謝罪を要求して、知事本人が謝罪をしている。
折角タレントの力を利用して、宮崎県の知名度を上げたり、産業の発展に多大なる貢献をされた。
このままだとそれらの功績も正しく評価されなくなるし、やっぱ「そのまんま東」だったと言われて終わることの方が悲しい。

読んでみて楽しい本だった・

  • 2009/07/10(金) 08:54:20

<タイトルと実によくマッチした村上豊さんの表紙絵>

本asadaoharawo

浅田次郎著『お腹召しませ』
タイトルも愉快だが、中身はもっともっと読んでいて楽しい本です。
表紙絵からしても、意地の悪そうな目つきで旦那様に何か言いそうな奥方のお顔が愉快だ。

浅田次郎という作家さんはいろんな本をお書きになる。
時代小説作家だけではなく、幅広く多彩でいらっしゃる。
その才が遺憾なく発揮され、またこれがよくできている。
普通の時代小説とはちょっと趣を異にするので、最初あれえって感じがするくらいだ。

お腹召しませ
大手三之御門御与力様失踪事件之顛末
安藝守様御難事
女敵討
江戸残念考
御鷹狩



いずれも作家、浅田次郎さんのひいおじいさんの時代、江戸幕末の頃の激動の時代の話で、ご本人の昔語りも可笑しい。
武士の本義が薄れてきた幕末から維新のころのお話です。

半分しか読めなかった本。

  • 2009/07/05(日) 07:32:18

<春を告げる花が扇面に描かれた表紙>

本fujisawasosyun

藤沢周平著『早春 その他』

まずは帯に書かれた文章、

藤沢さん晩年のこころ。
初老の勤め人の孤独と寂寥をえがく唯一の現代小説。
加えて時代小説の名品二篇と随筆四篇。
作家晩年の心境をつたえる澄明な文章!



時代小説しか今のところ読まないので、この現代小説と随筆はよしてしまった。
ところがこの本のタイトルは『早春 その他』になっていて、現代小説は「早春」でしたので、時代小説方のだけは「その他」ということになる。しかも小さな字で、付け足しのように書いてある。
そんなこんなで結果的には、この本のその他の部分だけ、半分を読んだだけであります。

深い霧
野菊守(も)り



このおとなしい作品はそれなりに藤沢周平作品で、おもしろかった。
華々しさがなく、どこか江戸を離れた地方の藩の出来事で、いつもの藤沢作品であった。

『密約あり』って感じするね。

  • 2009/07/01(水) 09:13:04

東国原氏、比例1位で処遇=衆院選対応で自民が検討
6月30日18時3分配信 時事通信

 自民党は30日、次期衆院選への出馬を要請した東国原英夫宮崎県知事について、比例代表の1位として処遇する方向で検討に入った。知事の知名度を生かすため、具体的には無党派層が多い東京や南関東のブロックからの出馬が浮上している。衆院選の苦戦が予想される中、タレント出身でもあり全国的に人気がある知事を衆院選の目玉候補とし、党勢拡大につなげたい考えだ。
 同党の古賀誠選対委員長は29日、河村建夫官房長官と会談し、東国原知事に関し「国政に意欲がある」との感触を伝えた。この後、河村氏は首相に報告した。
 古賀氏は23日に宮崎県庁に出向き、知事に衆院選出馬を要請。知事は自らを党総裁候補とすることを条件に挙げ、回答を留保した。古賀氏らには、知事の出馬が早めに固まれば、知事が7月3日告示-12日投開票の東京都議選の応援に入ることができるとの期待もある。
 ただ、知事は30日、県庁で記者団に「(同党からの接触は)ない。返事がなければ県政にまっしぐらだ」と強調。比例1位での扱いを受け入れるかどうかは不透明だ。また、受諾したとしても、純粋比例候補は極力抑制するとの党の基本方針と矛盾するため、異論が出る可能性もある。

 


麻生首相 東国原知事の入閣で調整 分権改革担当を検討
毎日新聞

 麻生太郎首相が閣僚人事で、次期衆院選に自民党公認候補として擁立を打診している東国原英夫宮崎県知事を入閣させる方向で検討していることが6月30日分かった。首相は閣僚の兼務解消などに伴う人事を一両日中に断行する方針で、東国原氏を地方分権改革担当などのポストで処遇することで調整している。衆院選に向け、国民的な人気の高い東国原氏を自民党の「選挙の顔」にすることで、民主党に対抗するのが狙い。



政治の世界ってスゴイよね。
立候補するかどうか不明の、しかも通るかとおらないか分からない人物をすでに大臣にしてしまう。
なりふり構わない年増女の馬鹿狂いってところですかねえ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。