スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有り難く感謝をした女医さん。

  • 2008/01/23(水) 19:03:04

四十年近くもお付き合いをさせていただいている女医さんがいる。
家族中が面倒を見て貰っているのだが、父は特にお世話をかけた。

父が通院できるときからでも18年、寝たきりになってからほぼ一年、往診にも頻繁に来ていただいた。
何度もあわやという時を、この女医さんに励まされ、一緒に乗り越えて来た。
今回は駄目だった。

救急車と同時に先生も駆けつけて下さり、救急処置の間は、私の老母を横から抱えるようにして、支えて下さっていた。
細やかな心遣いで、私たち動転した家族には出来ない行為だった。
最後の確認と、後処置においても手を煩わせていただいた。
女医さんであるだけに、実に細やかな心遣いで有り難かった。
このお方には、感謝をしても感謝しきれるものではない。
口には表せないほどの、多大なる恩恵を被っている。

自宅介護をするのはやってみてとても大変だ。
病院に入らずに自宅介護を受ける病人本人にとっては大きな喜びだろう。
しかしその看護するまわりの家族はなかなか筆舌に尽くしがたい苦労が多々ある。

そんな時に、力づけたり、見守ったり、指導をして下さったりする女医さんとの、信頼出来る連携プレーは、自宅介護という大きな課題に必要不可欠なものだったと感じている。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。