スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かっこいい!」と思わず・・・・

  • 2008/01/27(日) 20:45:02

楽器をなにげなく、弾けることは羨ましい限りだ。
「古いギターをポロンとならそ!」という拓郎さんのフレーズにあるように、楽器をさりげなく弾けることは実に私にとっては、“かっこいい!”ことなのです。
で、出来ればこれがピアノだと申し分ない。
ピアノはさりげなく弾くことは出来ませんけれど・・・

本日電子レンジを下見で見ていましたら、電子ピアノというものが並んでいました。
これはピアノではありませんが、まあピアノの演奏が出来ない人にはおいそれとは弾けないものです。
四人組の男のたちが目の前にいたのですが、四人とも破れかぶれのジーンズや服装でちょっとだらしなく感じたものでした。
しばらくすると妙なる響きというのか、演奏というのか、その展示をされていた電子ピアノを弾く音がするのですよ。ちょっと周りを見渡しましたが、その四人組以外に人はいなかったので、あらためて電子ピアノの所を覗いてみると・・・・なんと。

なんと先ほどの四人組の一人が軽やかに演奏しているではありませんか。
しかもそれは半端ではなく修練を積んだ人の手になるクラシック音楽です。
手慣らしをすませた彼は、ピアノ協奏曲まで軽やかにこなすのです。
これは驚きと同時に感激でしたね。爪を隠していたのですねえ、この方は。
見かけにもよりませんでした。

もっと驚いたのは、この彼の友達連中も彼がピアノを弾けることを誰も知らなかったらしく、みんながとても感心していたことです。

昔、“能ある鷹は爪を隠す”と親から習ったのですが、隠す能もなかったし、爪もさして鋭くないので、未だ平々凡々人です。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。