スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと時期が過ぎてしまったニュースではあるけれど・・・

  • 2008/02/04(月) 21:42:34

先月の16日に『変な招待状』ということで、第19回宝飾展の事を書いてます。
ジュエリーベストドレッサー賞の発表があり、中谷美紀さんが受賞者の一人であることも嬉しいニュースでした。ただ、この催しの期間中が急にこちらが多忙で、その折りのニュースを聞きそびれてしまった。たまたまとても懇切に写真まで載ったサイトを見つけて嬉しかった。

「第19回、日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式
2008年1月28日

同賞は例年、10代から60代の各世代ごとの女性に一人ずつ、男性は全世代を代表して一人を表彰している。今年の女性部門は、 堀北真希(10代;女優)加藤ローサ(20代;女優)中谷美紀(30代;女優)江角マキコ(40代;女優)風吹ジュン(50代;女優)阿木燿子(60代;作詞家) がそれぞれ受賞した。男性部門の受賞者は俳優の谷原章介となった。また、今年は特別賞としてメジャーリーガーの松坂大輔が選ばれている。


そして中谷美紀さんのページには、写真まで載っているではないか・・・
<妖艶に微笑む美しい中谷美紀さん>
中谷hosyoku01

中谷美紀さんの記事とインタビュー記事。

30代部門は、自然体で透明感のある女優、中谷美紀が受賞30代部門は、女優の中谷美紀が受賞した。映画『嫌われ松子の一生』(2006年)での迫真の演技で、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いた実績を持つトップ女優でありながら、自然体で透明感のある中谷美紀。一点の曇りのない輝きを持つ宝石にふさわしいと、宝飾業界から大きな支持を集めての受賞となった。

 プレゼンターの日本時計輸入協会の山崎剛理事長より授与された宝飾品の中から、「K18/K18WG パール・ダイア NP」(望月貴石貿易)を身に付けて登場。黒いドレスに燦然(さんぜん)と輝くダイアと、透明感のある彼女のたたずまいが会場を魅了した。

 映画『ティファニーで朝食を』で使用されている楽曲“ムーンリバー”とともにジュエリーを披露して、気分が良かったという中谷美紀は、「ジュエリーは、力を与えてくれるような気がします。しかし、ジュエリーに負けずに、自分自身で輝けるようにがんばって参りたいと思います」と、受賞の喜びを述べた。


でもこんな華麗なドレスがお似合いになる年になられたのですね。
あの可愛かった少女も・・・・
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。