スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このところ、おかしいなと感じていたサイト。

  • 2008/02/08(金) 22:19:48

時々見に行くサイトにドイツBMW社がある。
国内で販売されてない車などもあるので、チェックするには良い所なのです。
“BMW M3 Cabrio”なども、その手合いであります。
ところがこの所、Google検索に出てこなかった。

グーグル、ドイツのBMWサイトをブラックリストに
 文:Tom Espiner (ZDNet UK)
 翻訳校正:坂和敏(編集部)2006/02/07 10:35

 Googleが、BMWのドイツ語サイト「BMW.de」をブラックリストに載せた。このサイトではGoogleでの検索結果の表示順位を意図的に引き上げるテクニックが用いられており、同社のガイドラインに違反したためだとGoogleのエンジニアは説明している。


BMWドイツ本社のサイトがgoogleから消された
SEOテーマの他のブログサイト等で既報ですが、筆者も調査してみたので改めてまとめた。日本時間2006年2月5日現在、BMWドイツ本国のサイトはgoogleのインデクスに存在しない。 (※追記:日本時間2月8日現在で46000件ほどヒット。つまりもとに戻ってる。BMWがGoogleに「もうしませんから戻して」と泣きついたという見方が妥当かと)


独BMWのサイト、Googleインデックスから削除される
ドイツ大手自動車メーカーBMWのサイトが検索エンジンスパム行為を行っていたとしてGoogleインデックスから削除された。JavaScriptによるリダイレクトを悪用して検索エンジンを欺いて少し大きい文字いたことが原因だ。検索エンジンを騙す行為を行っていたとして、ドイツ大手自動車メーカー BMWのサイトがGoogleインデックスから削除された。

GoogleエンジニアのMatt Cutts氏によると、BMW社は訪問者用とクローラ(googlebot)用のウェブを別々に用意。訪問者がアクセスした際には自動車のイメージを多用したグラフィカルなウェブを表示する一方、クローラが訪問した際には訪問者用とは異なるウェブページにリダイレクト(転送)してテキストを詰め込んだウェブを表示していた。JavaScriptによるリダイレクトを悪用しており、Matt氏はこれが同社の品質ガイドラインに抵触すると判断、インデックスから削除した。


気になって本日検索したら出来た。そうしたら速報も出来ていた。
ちょっと人騒がせである。

BMWドイツのサイト、Googleのインデックスに復活
とりあえず速報。

日本時間2月8日現在で、 46000件ほどある。つまりもとに戻ってる。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。