スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今考えればせこい話ではあるけれど・・・。

  • 2008/02/23(土) 20:14:22

随分昔だが、町の記念樹になるほどの大きな梅の木が庭に生えていた。
斜めになった幹には、結構高い所まで上れるほどに大木だったし、季節になると見事な花が咲き乱れ、また沢山の実がなった。

うちの母はたわわに実った梅の実を見ては、私によく言ったものだった。
「青梅の実を食べると疫痢になるから、決して食べないこと!」
何故か思い浮かべると他にも沢山の禁止項目があった。

「チョコレートを食べ過ぎると鼻血がでるから食べ過ぎないように!」
とか、ご飯にお味噌を付けて食べようかなと思うと、
「ご飯に味噌を付けては、蔵がつぶれる」
とか思い出してもけちくさいことばかりだった。

まだまだ元気な母にあらためて尋ねると、その根拠はまるで解っていなくて、その母の母親からの言い伝えみたいなもののようだ。
昔の人はとても辛抱していたので、ちょっとした贅沢や無駄は極力しないものだった。節約のために、いろんな事を理由付けして食べさせなかったのか、本当に青い梅の実は疫痢になるのか、チョコレートで鼻血がでるのかどれも実践せずままだった。
それでもあきれてしまったのは、“疫痢”になるって何で言ってたんだろうと、私に逆に聞く始末であった。昔は良く流行って病気なのだろうが・・・

えき‐り【疫痢】

赤痢のうち、小児にみられる重症型のもの。顔面蒼白・血圧低下・ひきつけ・意識混濁などの症状を呈する。法定伝染病の一。経過が急で死亡率が高いことから「はやて」ともよばれた。近年、発病はまれ。小児赤痢。《季 夏》




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。