スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなコメントがいいなあ。

  • 2008/03/04(火) 19:26:01

オートスポーツWEBに、懐かしい方のコメントが載っていました。

プロスト「今のF1はクルマが速ければ誰でも勝てる」
2008年03月04日

今季から電子制御ドライバーエイドが禁止された新世代のF1について、元世界チャンピオンのアラン・プロストは、それでもまだ彼の時代とは比較にならないほど簡単な乗り物だと語っている。

「最近のF1には、好きになれないものがたくさんある」と、彼はイギリスのデイリー・メール紙とBBCのインサイド・スポーツの共同インタビューに答えて述べた。
「金とか政治とかテクノロジーの話が多すぎるんだ。そういうものがなければ、F1はずっといいものになりうるのにね」  (後略)


やっぱりアラン・プロストほどのスーパー・ドライバーともなれば、しっかりしたご意見を持っていらっしゃいますね。近年、F1も面白みがなくなったと感じてはいましたが、ここに書かれた私見を読んでもなるほどと感じます。

永年F1ファンで、F1カーも何年に一度かは見る事があります。でも昔の方が、実にシンプルで走るために必要最低限な機能が大切にされ、今の電子機械化されたまさにマシンと呼ばれるものとは大きく違っています。
真にドライバーの実力が発揮され、またその能力によってレースが左右される、お金にあまり頼らないF1が戻ってくることが望ましい。

それにしてもかつてHONDAは、1-2-3フィニッシュという偉業を成し遂げているのですが、近年振るいませんね。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。