スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDで映画三昧の日々

  • 2008/04/02(水) 23:33:26

することといえば、庭の植木の剪定とDVDで映画を見ることだけ。
時代小説を読むのをくわえれば、これはまさに暇人としか言いようがない。
それにしても沢山見てしまった。
内容もそこそこにばらばらで、とりとめがなかった。
ローグアサシン
女帝
主人公は僕だった
50回目のファーストキス
THANK YOU FOR SMOKING
マリー・アントワネット
レミーのおいしいレストラン
HERO
ミス・ポター

<この写真のお二人がとても素敵でした>
映画potter

映画『ミス・ポター(Miss Potter)』ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの半生を描く感動のトゥルー・ストーリー。レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー主演作!世界中の女性に贈る感動のラブ・ストーリー。
製作年:2006年/製作国:アメリカ
カラー/1時間33分/6巻/2545m/スコープサイズ/ドルビーSRD/SDDS/字幕翻訳:戸田 奈津子


“世界中の女性に贈る感動のラブ・ストーリー”というだけでなく、多くの男性にも感動を与えて下さる映画です。でも余りめそめそ泣きません。

ビアトリクス・ポターさんの純粋な生きざまを、丁寧にレニー・ゼルウィガーは演じています。
真っ赤なほっぺで、着飾らない、気高く純粋無垢な魂を持ち続ける女性が、生き生きとこの映画では生きています。本当の自分の意志を持った人物として、この時代では珍しい存在であったかと思われますが、その強固な意志は常に暖かく廻りを包んでいます。

悲劇を乗り越え、金銭感覚に疎い彼女が得たものは????
そしてそれらを人々と国に与えてしまうものは・・・・

4000エーカー(1エーカーは、雄牛2頭引きの犂を使って1人が1日に耕すことのできる面積。一辺が63.61メートルの正方形)の広大な土地を自然を保護するという大事な目的のために寄贈するのです。
しかもそれらはイギリス北西部の「湖水地方」と呼ばれる美しい土地なのです。
その「湖水地方(Lake District)」という名すらもとても感銘深い。
汽車で走ると平坦で余り高低差のないイギリスですが、この地方は湖や小山の連なる美しいところなのですよね。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

暇人というよりは、心にゆとりがあると言うことではないでしょうか。日常生活のなかで、とても大事な事だと思うのですが、アクセクしがちですよね。特にこの時期は。
一番最近見たDVDは、モニカベルッチの、ダニエラという女 でした。最近といってもかなり前ですが…

  • 投稿者: くま当番
  • 2008/04/03(木) 08:59:23
  • [編集]

お元気でしたか

お久しぶりですねえ。
お元気でしたか?
中谷美紀さんの話題から離れて久しいので、近頃コメントが少なくなって・・・

モニカベルッチ『ダニエラという女』は、私も見ました。
昨年の八月に彼女の映画を沢山見ました。
比較的最近では『ストーン・カウンシル』を昨年末見ました。
私はこの女優さんが大好きです。

良ければ、覗いてみて下さい。
「汚れ役のモニカ・ベルッチさんを見るのは、ちょっとねえ」
http://latosfgo.blog17.fc2.com/blog-entry-973.html
昔最高のフランス女優だったカトリーヌ・ドヌーブさんも競演しています。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/04/03(木) 11:30:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。