スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お元気ですね、お意志も強い気がします。

  • 2008/04/13(日) 09:54:38

2006年10月に、中谷美紀さんのインド旅行記を買った。
これはとても面白かった。
女優という枠を飛び越えたちょっとした力強い女性をイメージするたくましさを感じた。
二巻も三巻も、一気に読んでしまった。

で、ふと思い出してWEBマガジン幻冬舎『インド旅行記』のサイトへ遊びに行った。
何度か最初の頃には来てみたが、本当に久々に訪れた。
何度読んでも面白いところが多い。
ただ本に書かれたものの方が、活字好きには面白いのだが、写真だとか具体的に地図に連動する頁の移動とかは、インターネットならではの愉快さだ。

でも本当にここへ中谷美紀さんはいったのか。
本当にこれは彼女が書いているのか、半信半疑になるほどに全然イメージが違う。
中谷美紀さんというヒトは、本来意志の強い、弱々しくない人間なのだ。

ところで、私たちが小さい頃に習ったインドの地名は、なにゆえこんなに変わったの?
カルカッタ→コルカタ(凝る肩?)
マドラス→チェンナイ
ボンベイ→ムンバイ


紅茶で有名なダージリンハイダラバードなど変わっていない地名もあるのに・・・

地名ではないがパキスタンもバングラデシュ、セイロンもスリランカと名を変えてしまった。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。