スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはのんびり暇つぶし

  • 2008/04/15(火) 20:06:25

<野茂さんのサインはこれだけしかなかった>
雑nomosign

二日ほど前に書いた記事“お帰りなさい、野茂英雄様。”の中で、宮崎県の南部、串間市の酒造会社に野茂さんのお父さんがサインを送って来た話を書いた。
一応野茂さんのファンの一人としては、見に行かなくてはと串間までドライブした。
本来別な大事な目的があるのだが、私自身はこちらに惹かれた。
ところが新聞の記事ではサインは沢山あると書かれていたが、行ってみるとこの一枚だけだった。
ほとんどがみんなが持って帰ったらしい。見られなくて残念だった。

<庭に咲いた源平桃の実>
雑genpeimomo

「源氏と平氏が競ったように、赤と白、中間の絞りの3色が競うように咲き乱れる」と言われて買った源平桃の苗木。愛らしい花を咲かせた後に、可愛らしい実を付けました。
まだ苗木に近い大きさなので、この実は大木は育たないだろう。
でも産毛のような毛が生えて、先端がとんがり気味で可愛い。

<十年ぶりで実を付けた梅>
雑umenomi

こちらは梅の実。余り実を付けないのでちょっとこぢんまりと剪定した梅の木。
今年は鶯なども来て下さって、受粉がうまくいったのか実がなりました。
数はまだ少ないですけれど、うまくいけば梅干しに変身するかも・・・・。

ええ加減、老人臭い話だが、狭い庭をうろうろしていると、いろんな発見がある。
一番嬉しいのは、いちじくの挿し木が二十本近くつがっていること。
これも結構時間が経ってはいるのだけれど、若葉がついてきたには感激です。
そのうちイチジク畑でになるかも。でも収穫が大変なのですよね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。