スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとまたこれは、嬉しいニュース。

  • 2008/04/30(水) 09:16:09

文字色<「特攻野郎Aチーム」のメンバー>
TVtoko01.jpg

なんと懐かしいではありませんか。
マイコミジャーナルのエンタテインメント・ニュースの中に、

『あのスミス大佐が蘇る! ドラマ『特攻野郎Aチーム』完全版が日本初放送』


1980年代に日米で大人気を博したアクション・ドラマ『特攻野郎Aチーム』(原題/The A-Team)。2009年6月には全米で劇場版の公開が予定されるなど、その動向が気になるところだが、同作の完全版がCSのドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて6月10日より放送されることになった。


私はこの主人公の“ジョージ・ペパード”って人が好きですねえ。
六十年代から七十年代の良きアメリカを代表するような美男俳優でしたね。
強く逞しいだけの西部劇スターが輩出する中に、洗練されたスマートな米国人としてイメージづけられた俳優さんでした。

<特攻野郎Aチームの“スミス大佐”役のジョージ・ペパードさん>
TVtoko02.jpg

ドラマ『特攻野郎Aチーム』では、もうすでに壮年期でいらっしゃったので、美しいとはちょっと言い難いイメージも違っているかも知れませんが、1961年のかの名画『ティファニーで朝食を』なんかを思い出すと、思わずカッコいいとうなってしまいます。
青春期に仕入れた我が文明開化の時期には、これらのアメリカ人に憧れたものです。

<こんな若い頃の“ジョージ・ペパード”さん>
TVtoko03.jpg

やっぱり当時の若者でアメリカ文化に馴染んだ人には、懐かしい憧れの俳優さんだった気がします。中身があろうがなかろうが、格好良くスマートな美貌容貌と、おしゃれなダンディさにたまりませんでしたね。
今も昔も風俗の好みそのものは違っていても、憧れること自体は本質的に変わっていませんね。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。