スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静止画と動画。

  • 2008/05/18(日) 21:23:21

映像というものは、イメージを残したり、伝えたりする事ではとても大事な手段です。
今回、子供の結婚式では、とても沢山の写真が集まりました。
デジカメの普及のせいか、老若男女ありとあらゆる人が写真を撮りまくり、記録してくださった。式場の各テーブルには、酒瓶の乱立とともに、デジカメ品評会のごとく沢山の種類のカメラがあった。
私自身も若干の遠慮をしながら、手近なところでデジカメを二台も手にして、写真をばしゃばしゃ撮っていた。
それらを印刷したり、あるいはご親切に頂戴したりしたものだから、その枚数は膨大です。


しかも娘が新婚旅行の写真だと言って、これまた沢山のものを持ち込んできたので、今では写真があふれかえっている。
それでもまだ式場に頼んでいたプロのカメラマンの写真は届いていないので、これらが来ると何枚も同じものを見ることになるのだ。プロの方がお撮りになった作品はとてもきれいだったし、大事に残せるものでありますが、こんなに沢山の素人写真を先に見ると、改めて出来て来るであろうプロの写真には新鮮さを感じないのではなかろうか。

ただ一番に好評だったのでは、ムービーの方であった。
長男に撮ってもらったムービーは、音声が入り、人間が動く。
当日式場で挨拶をいただいた方のお声が聞こえる、新郎新婦の華やかな姿が動いて通っていく、笑い声が雰囲気を盛り上げる、新婦の母が忍び泣く、拍手が聞こえる、ウェディングケーキが切られて配られる、沢山のシーンが音と動く映像で記録されている。

コンパクトなボディでありながら、ハイビジョンの画面いっぱいに映して、沢山の人々とみることが出来る。カメラが動くたびに、そのカメラに写っている人々の喜んで祝ってくださっている表情がうかがえる。招く側は比較的奥の方へ陣取っているので、壇上に近い光景は余りよく見られなかった。
しかしムービーでは、花嫁にドレスの子細を見ることが出来、ウェディングケーキの子細を眺められ、また小さなイベントやサプライズな出来事に感激を新たに出来る。

今回は結婚式というテーマには、動画の魅力の方が生かされた気がしている。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

以前、旅行の写真と、動画(デジカメで撮影したものなので、数分)
を同時に両親に見せたところ、ふたりとも動画に感激していました(*・∀・*)
やはり、生の声や臨場感が伝わるから・・・でしょうか(・∀・)
結婚式の意見、参考にしま~す〆(ゝ∀・*)メモメモ
(*´∀`*)エヘヘ
P.S.来年の海外旅行、楽しいものになりますように・・・
空の上でお待ちしています♪

  • 投稿者: ひまわりさん
  • 2008/05/19(月) 12:28:06
  • [編集]

お心遣いありがとう

いろいろ言っても、親という者はやはり子供たちが喜んでいる姿が嬉しいものです。
是非お幸せなご結婚をなされてください。
お人様であろうとお喜びごとはめでたく、ありがたいです。

私はLAを望んでいます。
家内はSFだそうです。
いっぺんに行くには、両方とも行かなければいけないところや、ご挨拶するところがあってむずかしいのです。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/05/19(月) 20:58:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。