スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルと表紙がいいね。

  • 2008/07/21(月) 08:27:13

<何かの料理絵の一部分だそうだが、箸袋がいいね>
本yamamotogisyari
山本一力著『銀しゃり』。
タイトルの「銀しゃり」の文字は、鮮やかな銀色で箔し、箸袋の絵はこれまた粋を絵に描いたような洒落た本の下手になっている。
久々に山本一力さんの著書を読んだし、また四百五十ページ弱もある厚い長編を読んだ。
でも本の重さの割には軽い読み物で、あまり力みが感じられずに書かれた内容は読みやすく早々終わった。

“銀しゃり”などと今の人は呼ばないだろうし、“しゃり”本来の意味が、下記の通りであることも知る人は少なくなっているのではなかろうか。

しゃり【舎利】
《(梵)Sarlraの音写。身骨と訳す》1 仏や聖者の遺骨。特に釈迦(しゃか)の遺骨をさし、塔に納めて供養する。仏舎利。2 火葬にしたあとの遺骨。 


ま、要は仏舎利と呼ばれる小さな骨のかけらが、美味しく炊かれた米の姿に似ていることからの起こりでありましょう。
私が子供の頃、コンビニもお弁当屋さんもない時代、お釜で炊いたご飯をおにぎりにして売っていたおばあちゃんがいたことを思い出した。何も御馳走のない時代に、真っ白く輝くようにきらきら光る“銀しゃり”で作られたおにぎりはとてもとても美味しそうであったことよ。

けさも、
江戸・深川に
鮨職人、新吉の研ぐ
小気味のいい米の音がする。

鮨職人の技や、ほのかな恋情を
情感豊かなタッチで綴った秀作の
深川人情物語。

こう書かれた帯が、そこから山本一力世界を形作っている。
著者は深川を中心に書く江戸もの作家の名人で、江戸の職人や、長屋の住民の心情、市井の人々の生き様と心意気を見事に描き出す。
知らない世界に、読者を引きずり込んでいく。そして心地よい満足感で、現実の世界へ戻して下さる。
時代や場所こそ違えども、生きている人間世界はこのように暖かく、豊かなものでなくてはならない。殺伐としたニュースの多い中に、ちょっとした清涼感をもたらす素晴らしい小説であります。
話の中に、神田川の橋の上から魚のことで言い争う男たちが出てくる。そのついでに「ボラ」と言う魚の説明がさりげなく出てくる。

ボラは体長一、二寸の稚魚をハク、育って小形になればオボコと呼ぶ。さらに大きくなれと、一尺までをイナ、それを超えればボラと呼んだ。

と書かれている。
可愛い未婚女を“オボコ”と言い、粋な男気の男性を“イナセな”と表現するあれである。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お暑うございます。
お元気ですか?
山本一力氏は宮部みゆき氏と共に江東区内
にお住まいの作家さんです。
とくに山本氏は深川に住んでいますので
このへんのことを良くテーマにされて
おられます。

さて鯔(ぼら)ですが、我が家の裏手を
流れる大横川にも時折水面近くを
泳いでいるのを見かけますよ。

私が小さい頃父親と祖父が朝一番で
船を出しちょっと遠出をして、新鮮な
鯔を良く釣って来てくれました。

あの頃は水もきれいで鯔も臭みが
なく刺身が絶品でした。

いまじゃかなり遠くまで行かないと
臭みのない鯔にはお眼にかかりません」。

鯔でさらに絶品なのは、俗に、鯔の
へそと呼ばれる消化器官で、ちょうど
大きめの算盤玉のような形です。一匹に
ひとつしかありませんから、たくさん
釣れたときは、これを焼き鳥のように
串にさして塩で味付けをして焼きます。

味はちょうど砂肝のようでシコシコと
して大変美味しいものです。

いまじゃ知っているひとも少ないかも
知れませんが、江戸時代のひとなら
鯔を食すときなど、捨てないで珍味
として大事にしたのではないでしょうか。

カラスミのほうが知名度が高いですけど
鯔のヘソはまず売ってないですからねえ。
珍味です。



  • 投稿者: nnakazawa
  • 2008/07/23(水) 09:39:35
  • [編集]

本当に茹だりますね。

鯔(ぼら)ですか。
我が家の近くの八重川というちょっと上品な名前の小川にも、沢山います。
子供が小さいときは時折釣っていましたけれど、今のお子様は見向きもしませんし、また小川で魚釣りなんて事もしません。
群れでさわさわと泳いでいるのが、橋の上から見かけられますが、今では誰も気にかけない魚になりました。
でも、nnakazawa様のおっしゃるような魚とは知りませんでした。
こちらでは「ああ、またぼらだ!」とあまり好まれておりませんし、川釣りが少ないせいでしょうかね。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/07/23(水) 20:19:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。