スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには地元のニュースに関連して。

  • 2008/07/23(水) 19:58:46

先月ではありますが、鰻屋さんがオープンしました。

うなぎの里に「うなぎ処 鰻楽」オープン
UMKTVニュース2008年06月13日
「安全・安心な」県産ウナギを広く県民に味わってもらおうと、宮崎市塩路の「うなぎの里」に、新しく料理店がオープンすることになりました。

「うなぎの里」は、県内最大手の大森淡水が手掛けている施設で、養殖・卸・加工まで一貫した体制を整えています。
この一角に、「うなぎ処鰻楽」が作られ、関係者がテープカットをして、完成を祝いました。
店では、県産ウナギのおいしさを、広くアピールすることにしています。
この店は、今月20日にオープンします。


そこで明日24日は、「土曜丑の日」でお店も多かろうからと、前日の今日行って参りました。
出かけた時間が遅かったせいか、入り口には沢山の待ち人。にわかテントで鰻弁当を売っているところもあって、待ちきれない人はそちらで購入していく方も多いくらいでした。

<外観は一見、温泉施設みたいです>
食manraku03
ところが、中や外観の細かいところを見ると、古い建築廃材などを効果的に利用した、かなり凝った造りです。

<大きな窓硝子が、古ぼけた木造家屋を新しく感じさせます>
食manraku02
このところは広々とした板の間で、ゆったり食事が出来ます。別の部屋には腰掛け椅子で、40席ほど、内装と大きな硝子吹き抜け天井、調度品、食事テーブル、存外にお金のかかった良いところです。

<大屋根を支える天井裏には、梁の組み合わせが込み入っています>
食manraku01
古い建物から移築してきたと思われる、欄間や飾り物が風情があり、旨くマッチしております。天井からつるされた大提灯は、右下の人と比較してもかなり大きなものです。細かい模様や、飾りが入っていて上品な明かりでした。
お店の人に無理を言って、人が帰って引いた隙に写真を撮らせていただいた。(深謝)

で、肝心の鰻は申し分なく、「美味しゅうございました。」
雑事ですが、この「鰻楽」さんは、“うなぎの里”と銘打って、大森淡水がお作りになっている鰻関連の設備です。
大きな鰻工場といえる建物を中心に、いまだ植栽の途中ではありましたが、かなり広い庭園付きの鰻屋さんが併設されています。

大森淡水という会社は、かつてサザンオールスターズのメンバーだった大森隆志のお身内で、彼のブログにも鰻の手伝いをしたと書かれています。

鰻楽MANRAKU
宮崎県宮崎市塩路2300番地
www.omori-tansui.co.jp/

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。