スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の色恋の話だね、『高橋真梨子』さん。

  • 2008/08/17(日) 08:20:02

近頃いろんな音楽を聴いている。
古いレコードやCDを整理し始めたせいではあるのだが、これが案外道草を食う。
特に懐かしい六十年代や、七十年代のアメリカンポップスなどになると、途方もなく道外れをして、肝心の整理がおろそかになる。
やっぱり自分たちが育ったのはこの時代で、かつて強く健全で、立派であったアメリカの正義と音楽が懐かしい。

<さりげない立ち姿がいい大人の色気を感じさせる>
雑takahashi01
でも、こんなものも好きです。
高橋真梨子さん“the best~NEW EDITION~”
これ自体は二枚組の新しいもので、全32曲も入っているためほとんどのヒット曲が網羅されている。

ディスク:1
1. 桃色吐息
2. 連絡
3. ランナー
4. 遥かな人へ
5. ハート&バード~時には強く時には優しく~
6. テンダネス
7. 枯れない花
8. 蜃気楼
9. 無伴奏
10. 恋ことば
11. 貴方が生きたLove Song
12. say my name
13. グランパ
14. for you…
15. とまどい小夜曲
16. 漂流者へ

ディスク:2
1. はがゆい唇
2. ジュン
3. あなたの空を翔びたい
4. 真昼の別れ
5. 水の吐息
6. そっと…Lovin’ you
7. ごめんね…
8. 心閉ざさないで
9. 君の海に
10. ハッピーエンドは金庫の中
11. 幸せのかたち
12. フレンズ
13. ワンダフルナイトcinema
14. ジョニーへの伝言
15. 五番街のマリーへ
16. 別れの朝


レコードデビュー「ジョニーへの伝言」から35周年と、HPには書いてある。もうそんなに歌手活動なさっているのであろうか。
とても美しい、艶のある歌声が大層好きであります。
歌の内容もじつに男と女、それもジャリの訳の分からぬ恋愛ではなく、おとなの色恋でありまして、気分が良い。

ちょっと歌詞を見てみてみると、

「愛をさすらう旅路は、きっとあなたが最後でしょう・・・」
    ~ハート&ハート~時には強く時には優しく
「幻でも戯れでも、愛に見えるなら・・・」
    ~蜃気楼~
「歯がゆいのよその唇、キスする場所間違えてる・・・」
    ~はがゆい唇~
「燃え尽きた恋は流れ星・・・」
~テンダネス~
「悪ふざけで他の人、身を任せた・・・・」
    ~ごめんね~


はかない恋も、過ちの恋愛も、危うい恋路も、もしかしたら許されぬ道ならぬ恋もすべてがおとなの世界である。おとなの世界がすべて正しいということは絶対ないし、してはいけない過ちも多々ある。でもこうして唄われる世界には、例えそれが間違っていても、許して見守ってやりたいという思いやりある心を持ってしまう。
自分で出来なかった羨ましい恋の世界を垣間見る、他人に何かを仮託するような期待感がある。
恋とか恋愛の世界は、結婚とは違って夢想的な気にさせられる。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。