スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見応えありすぎて・・・。

  • 2008/09/01(月) 20:05:17

月の初めの日は、映画が1000円という嬉しい日です。
見たかった映画を観に行くことにしました。
八月までの夏休み期間は、お子様がうようよいてうるさいのですが、九月になると静かで幸いでした。

面白いと言えば、近年一番に面白い映画であろうな。
『ダークナイト』、言わずとしれた“バットマンシリーズ”の最新作。
とにかくド派手で、ものは壊れるは、車はぶっ飛ぶは、建物は木っ端微塵になるは、これでもかこれでもかと、スリリングで展開も早くてついていくのが大変なくらいの映画だった。

近頃の映画はこのシーンはどうして作られるのだろうと、深く考えさせられるものが多すぎる。映画の手法はかなり勉強したので、ある程度のところまでは理解できるがその枠を超えることが多い。
デジタル関係にかなり力が入っていて、そのアーティスト達の名の連ねる数の多いこと、多いこと。
そして昔の映画のように“勧善懲悪”が少なくなった。
また“正”と“邪”においても、その区分けは明確でなくなったし、時に観ている側の判断によっても反転する。

<この映画を最後に見ることが出来なくなった俳優“ヒース・レジャー”さん>
映画DARK KNIGHT
悪役の起用では、この“ヒース・レジャー”さんのジョーカーは凄まじかった。どの評論でも高く評価を受けていたのが、たんに皆さんの弔辞代わりとは思えぬことが分かった。やっぱり惜しい俳優さんですよね。

私は“ゲイリー・オールドマン”が気に入ってますね。「ハリー・ポッター」などでもお馴染みですが、やっぱりこの俳優さんには個性があります。
主人公のバットマンを支える“マイケル・ケイン”や、“モーガン・フリーマン”などと共に、主人公を喰うくらいの活躍でした。

“モーガン・フリーマン”の次期公開作『ウォンテッド』も楽しみです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/09/01(月) 22:10:39
  • [編集]

No title

実は私も昨日見てきました、ダークナイト。
凄まじい映画でした。視覚だけでなく、演者さんも凄かったです。
善が悪に落ちていく、というのはスターウォーズ等でもありましたし、また、おっしゃる通り、勧善懲悪やハッピーエンドが少なくなり、その分見ている側も考えさせられます。
1000円では申し訳ないくらいの作品でした。
エンドロールにあった、ヒース・レジャーに捧ぐ、ていうのをみて、いろんな意味で納得しました。
またあさっては1年待った試写会です。

  • 投稿者: くま当番
  • 2008/09/02(火) 12:27:04
  • [編集]

やっぱり映画館は良いですね

くま当番さん
奇しくも同じ日に、同じ映画を観ていたのですね。
本当に面白かったですね。
お金も労力もかかったでしょうねえ。
ランボルギーニはちょっと勿体ないですな。
でも頑丈そうだし、戦闘的なデザインなので、フェラーリよりかはあのシーンに似合っていました。
私も九月は観る映画が多くて楽しみです。
待ちに待った試写会はなんでしょうね?

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/09/02(火) 20:50:45
  • [編集]

よかったですよね。

「見応えありすぎて」

ホントそんな感じでした。

見た後、どんと重たいものを食べたような感覚で
ひさしぶりのヒットでした。

007にしろ、高級車をおしげもなく
破壊する見ていてもったいないな~
と小市民なので思ってしまいます。

  • 投稿者: 風来坊
  • 2008/09/06(土) 09:50:54
  • [編集]

映画館の二時間は勿体なくないですね。

風来坊様
ぼ~っと過ごす二時間は実に勿体ない。
でも映画館で過ごす二時間は実に楽しく充実してます。
その後の余韻もあって・・・・。
内容にもよりますが、映画館でなきゃいけない映画ってありますね。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/09/07(日) 08:34:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。