スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精米のおもしろさと、家内の口うるささ。

  • 2008/09/03(水) 19:58:41

次男のお嫁さんの実家と、長女の旦那さんの実家は、ともに農業ではないが米を作っている。
実際の米作は近親者にお任せしているらしいのだが、新米の時期には米が届くようになった。
これが当然籾米の状態で届く。

都会ではどうか分からないが、この宮崎などではそこあそこに無人の精米設備がある。
此処へ籾米を持ち込んで、精米をして持ち帰る。
籾米一俵はさすがに持てないので、ほぼ半分三十キロほどを一回に精米する。
金額にしてこれが安く大体二百円であります。
機械の後ろに、籾殻やぬかを回収する設備があるので、多分そちらからの利益もあるのだろうが、本当に精米料金自体は安いとおもう。

重い籾米を機械に入れると、数分の後、別の口から白米が出てくる。
ちょっとした小屋のごとき、この精米設備を揺り動かして、しかも大きな音を立てながら、しばらくしてさらさらという音と共に白米が出てくる瞬間は嬉しい。
多分摩擦によって精米されるのだろうが、出来たての白米はかなり熱い。
大体籾米が玄米にすると半分、白米はそのまた六分の五くらいに嵩が減る。
24㎏の籾米は10㎏に減っている勘定です。
この熱いお米を有り難く持ち帰る幸せと、この作業は実に楽しい。
ほとんど機械任せなのに、何故か楽しい。

そして我が家内は、このうるさい機械の前でも、大声を張り上げて、「ああしたら、こうしたら」といろいろと意見を言う。完全自動だから、それほどこちらがすることはなにもないのに・・・。
自分では何もしないが、本当にこの御方はお口が元気であります。
ついでながら、普段しないことに、本日家内の仕事のプリントを出力した。
点字の翻訳文書のため、通常は視聴覚センターにて印刷している。
本日はどうしても校正を急ぐために、私のプリンタに彼女のPCをつないで出力したのだが、この際も結構口だけ達者で、出来ないことは人任せの割には指図する。
彼女の点字の文章と、またそのソフト自体はほとんど理解できないので、はいはいと仕方なく隷属している。

まあ一人くらい家から世の中の役にたつ人がいるのは良いことではある。
凄い努力家であることは常々感心しているし、尊敬をしている。
しかも未だ一度も金を稼いだことがない、謂わば純粋の汚れなき天使でもある。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

精米機

精米仕立てのお米。
こちらでは、お目にかかれないしろものです。

精米仕立てのお米が暖かいなんて
しりませんでした。

手作りのお米に、精米したてで炊きたてのご飯
おいしいでしょうね~

  • 投稿者: 風来坊
  • 2008/09/05(金) 22:18:06
  • [編集]

はいとても熱いです

精米を終えたお米は、とても熱いです。
美味しいご飯が食べられる幸せは何にも代え難いです。
美味しく健康に過ごしてます。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/09/07(日) 08:30:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。