スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘り強いのか?あっさり型なのか?

  • 2009/01/09(金) 20:46:38

根気よく粘り強い企業なのか、あっさり見切りをつけるのが上手なのか、不思議な会社が「シャープ」であるような気がする。
日本初の電子レンジを発売したのも、電卓(電子式卓上計算機)を世界で初めて世に出したのも、お馴染みの液晶パネルを開発したのも太陽電池を量産したのも、この「シャープ」であります。しかもそれらのほとんどは1960年代の話であります。
これらは今でも粘り強く、しかも世界的な規模での量産品として確固たるものがあります。

ついでながら“シャープペン”、あるいは“シャーペン”と称している“シャープペンシル”も、シャープ電気の創業者の開発によるものとある。

ところが70年代後半のパソコン“メビウス”>、パソコンテレビ、そしてザウルス、あるいはビューカムといっていたムービーなどは、今は撤退して発売していません。
液晶画面のついたビューカムなんて名のビデオムービーは、確か8㎜テープであったような気がするし、当時40%のシェアがあったはずです。
パソコンの方もとても液晶画面が綺麗で人気がありましたね。

なんなのでしょう、この見切りの良さは。諦めが早いのか?、転換がスムーズなのか?
いずれにしても、愉快な珍しい企業ではありますね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。