スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの音楽の中で・・・・。

  • 2009/01/15(木) 20:14:41

浜田省吾さんが好きです。
いろんな音楽を聴くのだけれど、比較的よく聞いているのが彼の音楽です。

退廃的で、虚無的で・・・・。
都会的で、中味はいなかもので・・・。
“KISS”と言う言葉と、“くちづけ”と言う言葉が多くて・・・・。
愛と傷つくことが多くて、多感な少年期が魅力で・・・。

いろいろと理由はあるのだけれど、一番に好きな理由は、
“やはり女が上手に歌い上げてある”ことなのです。
彼の歌に出てくる女性は、いい女、悪い女・・・たくさんの魅力あふれるおんなたちが登場する。

“誰もが息をのむ
I know she is so beautiful. ”。。。。『彼女』

“ガラスのハイヒール履いて
恋のかけひき 街角で躓いている”。。。『真夏の路上』

“艶やかなFashion身をつつみ
No Consolation 身をさらし”。。。『…to be "Kissin'you"』

“絹のブーツを濡らして受け取った
金で転がすCheap なDice”。。。『…to be "Kissin'you"』

“今夜長い髪を切り落として タイトなドレス着て
おれの知らない君が踊ってる”。。。『Because I love you』

“揺れるスカート 汗ばんだ胸 ライトの中
クィーンのように踊り続ける 誰も傍に近づけずに”。。。『Because I love you』

“「あなたいつもこんな風に
行きずりの恋で遊ぶの?”。。。『街角の天使』

“白いベッドの残る甘いお前の香り”。。。『朝からごきげん』



恥ずかしげもなく、てらいもなく、女性への賛歌が謳われている。
まだまだ沢山あったが、彼の歌に出てくる女たちの中には、安っぽい煌びやかなキンキラが似合っている。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。