スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡を食った話。

  • 2009/01/17(土) 21:10:06

シェイビングフォームの中味を使い切ったので、缶の始末をしようと下の方に穴を開けた。
途端に残りのガスと一緒に白い泡が吹き出した。それも半端なことではなく、勢いよく私の口と顔を襲ってきた。
“泡を食った”とは驚くことを言うのだろうが、実際に驚くほどに勢いよく不味い泡を食ってみると納得した。
昔の人がこんなシェイビングフォームの泡の攻撃を受けることはなかったろうから、このたとえの表現は全然別の事象から生まれたのだろうとは思う。
それにしても愉快な気分だった。

ところがこれがお台所だったものだから、他にも被害が出た。そこらに夕食で出していた茶碗類、家内の髪の後ろ側・・・とさんざんだった。
あまりの可笑しさに大笑いをしたら、どこで調子を狂わせたのか、家内が怒り出した。
それも“口角(こうかく)泡(あわ)を飛ばす”という表現の通りに、まくし立てる。
あまりの勢いに彼女の頭についた泡をとってあげることもせず、すごすごお台所から退散した。

そもそも私は吝いところがあり、こんなものは最後の最後の一滴(?)まで、一絞りまで使い切るはずです。それをどうしたことが、ガスは残っているし、中味も残っている。
この日は最悪で、真新しい穿くパンツまで、なぜか濡らしてしまってびちょびちょ。
年取ったせいか、気のつかぬ事で余計な失敗をする。

それにしても可笑しかった。
泡で真っ白になった自分の顔も可笑しかったが、白髪頭になった家内の髪も可笑しかった。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

失敗でしたね

大変な惨事でしたね。

部屋が泡だらけになってしまって
奥さんは、大変でしたが光景を想像すると
失礼ですが笑ってしまいますね。


『口角(こうかく)泡(あわ)を飛ばす』
初めてこの表現をしりましたv-405

  • 投稿者: 風来坊
  • 2009/01/18(日) 00:01:47
  • [編集]

ありがたい、わかってくださって。

風来坊様へ

実に有り難い、分かって下さって。
この話は笑うに、笑えない失敗なのですが、後で考えても可笑しい。

家内も若い頃は、もっと優しい感じでしたが、だんだん強くなりましてね。

そうですか、“『口角(こうかく)泡(あわ)を飛ばす』 ”って、今は使いませんか。
私は泡にかけただけで思いついたのですが、たしかに古い表現ではありますよね。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2009/01/18(日) 19:54:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。