スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とてもこの役がおにあいのようで・・・。

  • 2009/03/08(日) 07:29:23

<ちょっと失敬してきた“正子役”の中谷さんの写真>

中谷cast02

ついでと言ってはなんだが、この部分も拝借を・・・。

白洲正子(1910~1998)…中谷美紀

 貴族院議員樺山愛輔の次女。祖父は薩摩出身の伯爵樺山資紀。14歳で、女性で初めて能舞台に立つ。米国のハートリッジスクール留学の後、次郎と結婚。二男一女を得る。小林秀雄、青山二郎などの影響を受け、骨董にも傾倒。43年初の著書「お能」を刊行。その後、各地を旅し「かくれ里」「十一面観音巡礼」「西行」など旺盛な執筆活動を続ける。88歳で逝去。



NHKでの2009年2月28日、3月7日放送予定のスペシャルドラマ「白洲次郎」の二回目が放映された。
白洲正子さんをとてもお上手に演じておられた。
白洲次郎役の役者さんとは、映画『嫌われ松子』で競演されていたが、この時は主人公松子(中谷美紀さん)の転落のきっかけになった男で、やくざものだったから嫌いだった。

このドラマは主人公は白洲次郎なんだろうけれど、そこのところはおいといて正子さんを観ている。
ナレーションも中谷美紀さんなので心地よい。

ただ後半の最終回は、8月ということで待ち遠しい。
意味もないがDVDとブルーレイのどちらにも録画して残している。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

重厚感のある渋いドラマでしたね。最終回を早く放送してもらいたいです。
その中で、やはり中谷さんの、内面から滲む品の良さが格段に良かったです。
以前、嫌われ松子を演じるために俳優になったのかもしれない、みたいなコメントをされてましたが、正子を演じるためでもあると思いました。正子を誰が演じるか、となると他に思いあたりません。
仰るとおり、ナレーションも良いですね。落ち着きがあります。
脇を固める俳優陣もそうそうたるもので、存在感は唸るものがありますが、マッカーサーを筆頭に、外人さんはちょっと。
あと、このドラマに限らず最近のハイビジョン全てに言えることですが、付け髭やカツラが妙に気になってしまうのです。性格の悪さがこんなところに…

  • 投稿者: くま当番
  • 2009/03/08(日) 08:57:22
  • [編集]

はい、良かったですね。

久々に良い番組でしたね。
私もくま当番さんもお互い様、贔屓筋の御方でありますので楽しめましたね。

おっしゃるようにハイビジョンはそのような欠点はあります。
これが時代劇だともっともっと多いですね。

外人さんと言えば、英語にしても気がかりな点はあるのです。
英語と米語は基本的に違う所がありますし、皆さん米語は話せますが英国風に英語を本格的に話すのはとても難しいのです。
言葉に正確さと間、そして肝心の優雅さが英国流上層階級の英語ですから・・・・。

でも何より次回が楽しみです。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2009/03/10(火) 09:14:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。