スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表紙絵だけでこの本の価値が一層揚がってます。

  • 2009/03/19(木) 20:47:19

<やっぱりこのくらい迫力があるものは少ないでっせ>

本sasazawamonjirokado01

笹沢左保著『かどわかし』、ご存じ“木枯らし紋次郎”シリーズ。
前にもくどくどとこの“木枯らし紋次郎”のシリーズ本について褒めちぎった。
懐かしく“帰って来た木枯らし紋次郎”を読んで以来、帰ってくる前の紋次郎にも会いたくなった。
笹沢左保さんとこの代表作でもある“木枯らし紋次郎”とは切っては切れない関係だろうが、私にはかつてこのTVドラマシリーズをなさった中村敦夫さんも思い出す。

で、そんな事とは別に今回はやはりこの表紙絵の堂昌一画伯の絵の迫力が魅力です。
長脇差(ながどす)をふるう様に力強く躍動感があり、力を込めた左手の指先までもが生きている。
絵の上手な画家は多いだろうし、デッサンの上手な画学生さんでも、この程度の絵は描けるのかも知れない。しかしこの表紙絵の内面から浮き上がる暗く鬱屈した紋次郎の悩みは表現出来ない。

<裏表紙に書かれた女の後ろ姿>

本sasazawamonjirokado02

莫連で艶な姿とどこか素人の初心さを感じさせる魅力のある女です。
現代の女性とは違って、腰の位置が低く安定感があって帯の位置も美しい。
へんに足だけが長くやせて色気も乏しく、着物を着せると似合わない現代の女性とはおおよそかけ離れている。やはり着物の女は実に妖艶な、怪しさで見事に書かれている。
堂昌一画伯は大好きですねえ。

天涯孤独、旅から旅への無宿者、上州長脇差と呼ばれる木枯らし紋次郎は見事な作品です。

峠だけで見た男
十五年の沈黙
かどわかし
三人と一匹の別れ
観世音菩薩を射る
折り鶴に甘い露を


六編の短編の構成だが、どの物語にも「あっしには関わりのねえこって・・・」と言って、関わらざるを得ない紋次郎の生き様が語られている。

現在のやくざ者と違って、堅気の衆に迷惑を掛けたくないことや、関わりを持つ事を恐れる紋次郎の謙虚な当たり前が書かれている。

「堅気衆にお聞かせするような名は、持ち合わせておりません」
「せっかくではござんすが、堅気衆のお世話になるような事はできやせん」
        ・
        ・
        ・
        ・


紋次郎が度々口にするこれらの言葉は、渡世人の堅気衆への仁義であり、礼節であり、優しさなのだ。
決して口先だけのお調子者ではない信義が感じられる。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いやいやどうも!

出ましたねえ、堂昌一氏の絵が。

笹沢氏との長い付き合いが絵に出ているような
木枯らし紋次郎そのままです。
時代モノの挿絵はやはりこの方を除いて
語ることが出来ません。またの名が春日章ですね、
確か。

女性の後姿がまた実に良いです。この絵は
帯の角出しが低く長めに出ているので、その分粋な
印象を与えていますね。ワケありな背中って
感じです。(絵が)小さいのでわかりませんが、
表裏を両方締められる昼夜帯かも知れません。

こういう絵を書いてくれるひとはもうこれから
出ないかも知れません。岩田専太郎氏を思い
出します。


  • 投稿者: nnakazawa
  • 2009/03/21(土) 11:54:51
  • [編集]

そうですよねえ。

共感いただいてありがとうございます。
たしかに絵が小さいのですが、それでも雰囲気をお感じいただけますよね。
粋筋の方がこちらにはもうおいでにならない(?)もので、粋な着こなしの着物姿を見る事は数年以上ありません。
ましてやこの絵のような着物は映画の世界でも近年見ません。
着物は男女を問わず、身分や、職業、その他諸々が表に出ます美しい衣装でしょう。
時折着物を着ますと、身も心も閉まりますものね。

nnakazawa様の以前お写真で、綺麗どころが写っているのを拝見しましたが、艶やかでしたものねえ。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2009/03/23(月) 08:43:48
  • [編集]

僕も覚えています

僕も覚えています。
小さい頃このテレビが流行りました。
内容は余り覚えていません。

でも母はカッコ良いと言っていたような。
ちちはくだらない生き方だと批判的でした。

  • 投稿者: 小里くん
  • 2009/03/24(火) 18:04:15
  • [編集]

時代がね。

“小里くん”様へ

時代が少し違いますね。
TVドラマでは中村敦夫さんという俳優さんが有名です。

確かにお母さんがファンで、お父さんが好まないというお話は分かりますね。お父さんはお堅い人なのか、或いはお母様へのちょっとした嫉妬心か?

でもよく考えたら、“小里くん”様は再放送か何かを見られたのではなかろうかね。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2009/03/25(水) 10:08:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。