スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ノートをとる”という行為

  • 2009/04/13(月) 07:33:49

“ノートをとる”という言葉も死語になりつつありますし、その行為もなくなるかも知れない。

最近になって聴いた事だが、新入生にとっての必需品に録音機があるとの事だ。
近しい方から見せていただいた入学に際しての準備品の中に、講義の録音をする機械を買うように指示があった。
カセット、MD、或いはメディアの類で録音が連続90分以上出来るものという条件が書いてあった。
今時、“カセット”でもなかろうし、“MD”の録音機能付きは案外高い。そうなると“ICレコーダー”と言う事になりますな。

私の知り合いは、親子共々デジタル音痴で使い方についてのご質問をうけた。
関連ソフトのインストール、PCへの入力方法、データ保存の仕方などをお教えしたのだが、これで大丈夫なのかと言うほどに不安だけが残った。
マイク端子、イヤホーン端子ということは分かるようだが、ちょっと言葉を換えて入力端子、出力端子というと理解を超える。

父親が真剣に聞き、実際に使うであろう娘は上の空。きっとこんな調子ではこの娘は講義で使う事をあきらめて、親父が使う道具となるような気がする。
自分で選ばず、親がお節介に買い与えて、説明書も読まず、人の説明もろくに聞かないとなれば、自ずとこの人物のレベルが知れる。講義を“ノートをとらない”で録音で残し、授業中には眠っている。
何かに記録をとる事はその行為そのものが大切であり、脳を刺激し記憶力を増長する。
耳で聞くだけでは覚える事は出来にくいし、脳を活性化するには書く事が大事である。

デジタルの世代に生まれながら、簡便な携帯電話、デジタルオーディオは使えて、PC・ICレコーダーは使えないなんて可笑しい。
お遊びの分野は得意で、お勉強の分野は苦手だなんて、現代人の特徴なのかねえ?

それといい加減娘へのお節介は止めて欲しいねえ。
自立させようよ!
こういうものも必要と感じたら、娘本人に買わせればいいし、自分で説明書を読んで、自分で操作を覚えさせようよ。
いちいち親が出張って、他人に学んで、またそれを手取り足取り子供に教えるなんてナンセンス。
こんな行為はせめて中学生初等科くらいで止めようよ!

そんな親子で日本の将来は不安だよ。
こういう親子に限って、親は子供から携帯電話の使い方を習ってるんだ。

学生よ、学生諸君!
今こそ講義はノートをとれ!
録音機を使えという教職者の講義はボイコットしろ!
こういう輩の教えに身になるものはないと思え!


我ながら良い事を言うな。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。