スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まんぞく まんぞく』って、普通には漢字で書くけれど・・・。

  • 2009/06/18(木) 19:59:59

<時代読み物を読んでいる実感がする中一弥さんの表紙絵>

本ikenamimanzoku

池波正太郎著『まんぞくまんぞく』
ア行から読み始めた図書館の本も、一応二巡り目のタ行あたりをうろうろしている。
ですから最初に池波本を読んだ時からは相当に時がたっています。
読書目録を見ても、池波正太郎さんは98冊を数え、この御大がいかに多作な作家であられたかが分かります。
語り口が独特で、行替えが早く、リズムがあって、ストーリーは楽しく、主人公には魅力ある人が多く、実に時代小説好きにはこたえられない作家様なのでした。
私が読んでいる頃に、お亡くなりになったはずです。

今回は主人公が女剣士、しかも美人。
自分の腕が未熟なために、不良浪人に襲われ、しかも下僕を殺されたしまう。
その敵討ちに目覚めて、勝手気ままな女剣客となって生きていくという痛快な物語。
最後にはちょっと可愛く恋愛などからんでくる。
七千石のお旗本の養女、姫としての絵になるような、映画にしたら素敵な話になりそうな小説でした。
最後のあたりで、この姫様が現状の展開がうまくいったので「満足、満足!」と言われます。
男っぽく生きてきた女剣士ですから、感嘆も男言葉で発するわけだけれど、そこは名人作家池波正太郎さんでありまして、ひらがな書きで「まんぞく まんぞく」となるわけです。

なんだかちょっと表紙への中一弥さんの絵を眺めていたら、懐かしく借り出してきたものでした。
中一弥先生、そして玉井ヒロテルさん、巻白さんなどと懐かしい池波本を飾った方々まで思い出されます。
ところで巻白画伯は、海外での方が有名な前衛的和風版画家です。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。