スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謂わば、変節漢と同じでありましょう。

  • 2009/06/25(木) 08:40:23

現在、TVなどで宮崎県知事が国政に転身する話が話題となっている。

この方は案外な『変節漢』でありました。
自民党政治への変革を謳い文句に、対立する自民党候補を破って知事になったが、いつのまにか
途中自民党にすり寄る関係となった。

今回の問題をとりあげた県庁のアンケートでも、賛否両論しているわけではない。
県民の大半が彼の国政への転身を82パーセントの人が反対をしている。
一期もまともに勤め上げず、ちょっとだけ火種をつけてトンズラするのは許せない。
県政をちょっと上向きにさせた功労で、自分だけが抜け上がろうとしているとしか思えない。

もっと許せないのは、「彼は県民の了解を得ている」とうそぶく。

私の周りの良識ある人々も呆れている。

変革と革新を求めて応援を最初はしたが、今では私は批判的だ。
こういう人を日本語では『変節漢』といって軽蔑する。
所詮は上昇志向の強いお笑いなのだというのが、正体だろう。
TV・マスコミを賑わして嬉しがっている出たがり人間だ。

またそれほど、TVで騒ぐほどこの宮崎では大問題にはなっていない。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。