スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『密約あり』って感じするね。

  • 2009/07/01(水) 09:13:04

東国原氏、比例1位で処遇=衆院選対応で自民が検討
6月30日18時3分配信 時事通信

 自民党は30日、次期衆院選への出馬を要請した東国原英夫宮崎県知事について、比例代表の1位として処遇する方向で検討に入った。知事の知名度を生かすため、具体的には無党派層が多い東京や南関東のブロックからの出馬が浮上している。衆院選の苦戦が予想される中、タレント出身でもあり全国的に人気がある知事を衆院選の目玉候補とし、党勢拡大につなげたい考えだ。
 同党の古賀誠選対委員長は29日、河村建夫官房長官と会談し、東国原知事に関し「国政に意欲がある」との感触を伝えた。この後、河村氏は首相に報告した。
 古賀氏は23日に宮崎県庁に出向き、知事に衆院選出馬を要請。知事は自らを党総裁候補とすることを条件に挙げ、回答を留保した。古賀氏らには、知事の出馬が早めに固まれば、知事が7月3日告示-12日投開票の東京都議選の応援に入ることができるとの期待もある。
 ただ、知事は30日、県庁で記者団に「(同党からの接触は)ない。返事がなければ県政にまっしぐらだ」と強調。比例1位での扱いを受け入れるかどうかは不透明だ。また、受諾したとしても、純粋比例候補は極力抑制するとの党の基本方針と矛盾するため、異論が出る可能性もある。

 


麻生首相 東国原知事の入閣で調整 分権改革担当を検討
毎日新聞

 麻生太郎首相が閣僚人事で、次期衆院選に自民党公認候補として擁立を打診している東国原英夫宮崎県知事を入閣させる方向で検討していることが6月30日分かった。首相は閣僚の兼務解消などに伴う人事を一両日中に断行する方針で、東国原氏を地方分権改革担当などのポストで処遇することで調整している。衆院選に向け、国民的な人気の高い東国原氏を自民党の「選挙の顔」にすることで、民主党に対抗するのが狙い。



政治の世界ってスゴイよね。
立候補するかどうか不明の、しかも通るかとおらないか分からない人物をすでに大臣にしてしまう。
なりふり構わない年増女の馬鹿狂いってところですかねえ。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。