スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行初日は、太宰府天満宮と国立博物館

  • 2006/05/09(火) 20:33:39

<菅原道真公を祀った社殿は立派であった>
20060515154408.jpg

大きな柱の間から、ご本殿が見える。この柱自体も大きなものだった。
20060515154454.jpg

<太宰府天満宮といえば梅、境内の梅の実>
20060515155430.jpg

「東風吹かばにほひをこせよ梅花 主なしとて春を忘るな」


菅原道真公の歌となってはいますが、勅撰和歌集である『拾遺和歌集』が編纂されたのは、道真の死から約100年後のことです。
<太宰府天満宮といえば梅ヶ枝餅、でも参道に“ぬれおかき屋さん”>
20060515155535.jpg

参道には観光客が大勢・・・?
20060515155620.jpg

ちょっと来ない間に、東洋系外国人の韓国客が多くなっていた。
聞き慣れない言葉と、その元気さに驚いた。
<外観がとてもユニークな国立博物館>
20060515155741.jpg

実にユニークで、でっかいガラス壁面の建物。
入り口一階フロアーに全体像が分かるミニチュア模型があった。
20060515155850.jpg


<内観がとてもゆったりスペース空間な国立博物館>

20060515160111.jpg

20060515155958.jpg

国立博物館は、ちょうど琉球展「太陽の王国へようこそ」を開催していた。
久々に豪勢な旅。宿泊も、食事も金に遠慮のないように、気遣いなしで・・・
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。