スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ作家、同じ装丁者はイメージが重なる

  • 2006/09/23(土) 19:53:20

<ちょっと二冊を並べてみると・・・>
20060921194614.jpg

乙川優三郎作品の『かずら野』『蔓の端々』です。
何となくタイトルも似たイメージですし、装丁者が菊地信義さんで、どちらの本にも日本画が使われている為に良く似通っています。

こうして並べてみると、どちらの本がどうだったのか、内容まで混雑しそうです。時間が経った頃にはすっかり混同してしまっているでしょう。
その為にもこうして記録を残しておかなくては・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。