スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鈴鹿サーキット」のこんな記事は嬉しい

  • 2006/10/13(金) 20:57:23

<こんな洒落たカラーリングになったのだ>
20061013204329.jpg

オートギャラリーネットの注目すべき記事が載っていた。
先日、F1日本グランプリ(2006)鈴鹿が終わった日に、感慨深く鈴鹿を思い出した。半年間近く研修に行ってたところで、しかも年に何回かは出かけた時期があって懐かしい場所です。
そもそも鈴鹿サーキットは、

もともとホンダが「日本の自動車産業の発展のために、モータースポーツを健全な国民的スポーツとして普及させるために、そして若者に向けての、安全で健康な娯楽施設の経営を行い、生活文化の向上に寄与する」という理念の元、1962年に完成した実に日本で初めての本格的サーキットだった


日本で当時、4位か5位だった自動車メーカーホンダが、思い切って作ったものでしたので、そんなものを造るよりもっと自社の車の開発に力を注いだらと言う方々も居られた時代だった。

本田宗一郎という、まさにカリスマ的社長の下、モータースポーツを一番盛んに謳歌していたメーカーだった。
このホンダだから出来たサーキットなのだ。
いつか絶対出かけていって、もう一度だけ走ってみたくなった。
なんだか表現がレーサーみたい・・・・違うけれど。

ちょっと早めにクリスマスムードにしてみた。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。