スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iいつも疑問に思っていたことの一つ

  • 2007/01/27(土) 08:51:45

<平仮名にも当然字母があるのだが、この写真ではちょっと小さくて見づらい>
20070127084908.jpg

平仮名カタカナはよく使う日本語の表記方法だが、その由来については知っているようで知らない。
その元となった「仮名の字母」(崩す元になった漢字のこと。或いは、崩している字を別の書体で表したもの)を、色々思い出しながら書いていたら、五十音の一部しか書けなかった。小さい頃にはぜんぶならったはずなんだけれど・・・
確かに現代は便利すぎる。インターネットで調べることが可能だ。もしこれがネットがない時だと、図書館に行って籠もることになるなあ。

それにしても平安の頃から現在に続く、これらの昔の人の知恵には驚いてしまう。
<馴染んでいるカタカナの成り立ちは?赤い部分がカタカナになっている>
20070127084700.jpg

片仮名には特殊なものもある。

「ヰ」「ヱ」は、現在歴史的仮名遣においてのみ用いられる。「ヰ」は「井」を、「ヱ」は「恵」の草体を、それぞれ変形したものである。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。