スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利と、不便利との境目で利用する図書館

  • 2007/02/23(金) 07:26:00

本は借りて読んでいるので、人気のあるものは予約することになる。
図書館のPCから検索して、山本一力さんを探しまとめて予約をしておいた。最後の一冊が返ってきたからと取りに来いというので、取りに行ったがその前日にも図書館に借り出しに行っていた。
こう言った時には「ちょっとこちらの都合も考えてくれれば・・・昨日も行ったのに」と勝手に思ってしまう。予約そのものをまとめてしたのは自分ですし、お高い本を買わずに読ましていただいているのですから、素直にハイハイと又出かけていくことになる。

山本一力さんの本が、自宅に三冊もある贅沢を考えながらせっせと読むことになる。予約をした本は皆さんに人気がある為、当然次の予約が入っているものが多い。
以前に一度、読み切れずに延長をお願いしたら、「予約資料の為、延長出来ません」という返事で、急いで取りに帰ったことがある。
今回もこういった事がないように、なるべく早く読み切らねばならない。

ところが、今回はウィンドウズ・ビスタのお勉強の本を数冊買ってきている。これらも見て、実践して憶えなきゃいけないし、他にもPC関係の面白そうな本を借りてきているし・・・・
う~んと悩んでいるうちに、面白くて前に借りていた諸田玲子著の『紅の袖』を先に読んでしまった。
どうも考えが足りなくていけない。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。