スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ、私は長い物は苦手なのでしょう。

  • 2007/05/11(金) 19:56:09

<何か判らないがインパクトだけがある表紙>
20070509074646.jpg

北方謙三著『林蔵の貌』上巻
江戸ものや、人情時代劇、或いは市井の物語が好きな私には重すぎた。
しかも長すぎる。
北方謙三さんが体力が有りすぎる方なのだろう。軟弱な私には読み切れなかった。
<似ているが色違いで、地図の絵柄が僅かに違う>
20070509075046.jpg

北方謙三著『林蔵の貌』下巻
作者には申し訳ないが、上下間ともざっと読ませて頂いた。
林蔵というからには間宮林蔵、時代小説好きでなくとも、学校の教科書にも出てくる有名人です。

「文政の三蔵」と呼ばれる、他のふたりの方(近藤重蔵、平山行蔵)が面白い人物だとは思うのだが・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。