スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCのモニターを交換してみる。

  • 2007/06/09(土) 07:47:18

“ちょっと見”のTVとして、デザインが気にいったので、20インチの液晶TVを衝動買いしてしまったのだが、何か目的があったわけではなかった。TVを見ることもなく、箱に入れたまま半月近く経ってしまった。やっぱりPCのモニターに使おうと開梱した。

PC入力端子とHDMI入力端子の両方あるわけだが、PC入力端子はアナログで、しかも現在のPCはDVI-D24ピン同士で繋がっている。DVIで繋がる端子がない。しかもモニターから出ているは、DVIケーブルははずれない。
仕方がないので手持ちのDVIケーブルで、HDMI入力端子とPC本体のDVI端子を繋ぐことの出来る新たなアダプターを探す羽目になった。
よくよく探すとこれがあるのですよ。DVI・HDMI変換アダプター「AD-DTH」、エレコムから販売されていて手に入れた。

<エレコム「AD-DTH」>
20070609074455.jpg

価格は3570円と高めだが、実売はそれほどでもなく安かった。関連でオンキョーのHPには同じようなもの?が掲載されていたがこちらはとても高かった。
実際に繋いでみると、画面設定を最大1370×768ピクセルにして、文字も大きくなって見やすくなった。若干、文字がにじんで見えるのは、老眼の所為にして諦めて使おう。

マウスでドラッグするとその部分が黒く反転するが、選択が終わってまた元に戻すと、黒く反転していた場所に残像が残る。インターネットの画面なども、未だ調整が不完全なのか、甘く寝ぼけた感じに映っている。本来がモニターではないので仕方がないのだろう。

DVDの再生も試みたが、上下に切れる部分が少なくなって、実画像が大きく見えるようになり最高だ。このところなんでもPC関連がワイドになって、場所を塞ぐようにはなったが、これも時流で仕方がないことなのでしょう。ビスタはワイドが使い心地としては良い。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。