スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば昔はCMにも沢山お出になっていた・・・その③

  • 2007/06/10(日) 07:07:21

「IBM]と言う会社は、日本に文化をもたらした良い会社でした。まだ余り進歩の見られない時期のコンピュータ産業に息吹をもたらし、社会的にもとても貢献度の高かった会社でした。

点字の翻訳ソフト「WinBES」などは、IBMから視覚障害者支援の為に無償で提供されていました。またこれは今でも意味が分かりませんが、以前の本の裏表紙にはIBMの番号が振り当てられているものが多かった。

かつて九十年初頭には個人ユーザー向けに、「ThinkPadシリーズ」というノートパソコンを販売されていた。現在は“レノボ”という所から販売されている。初期の物には、いまのタッチパッドとは違うキーボードの真ん中にポインティングデバイスが付いていた。これは慣れないとちょっと不便なもので今では無くなっている。

そこで中谷美紀さんも、このノートパソコン“ThinkPad”のCMをなさっておいででした。その折りの
<でっかい昔のノートPCと一緒に>
20070610070413.jpg

<IBMのキャンペーンのチラシ①>
20070610070551.jpg

<IBMのキャンペーンのチラシ②>
20070610070638.jpg

まあ、とにかく可愛かったですなあ。
あまりお変わりはないけれど・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

IBMのCM

IBMの宣伝に、出演されていたんですね。

写真の質からするとちょっと前のようですが
ぜんぜん雰囲気も今と変わらないですね。

現場でも、ThinkPadにはずっとお世話になっていました。

  • 投稿者: 風来坊
  • 2007/06/10(日) 21:19:08
  • [編集]

ありがとうございます、いつもいつも。

いやあ、嬉しいなあ。
中谷美紀さんのことでコメントいただけるなんて・・・
こんな他人から見れば、つまらない物まで沢山保存しています。
根っからのフアンだとは自負してますが、子供どもはあきれています。

私はIBMという会社が好きです。
私にはアメリカ狂いな点が多々あって、贔屓目に見ていることは仕方はないのですが、日本の文化に多大な良き影響を授けて下さった会社でもあるのです。
ハンディキャップをもった人間に対して、手をさしのべて下さる暖かさは、アメリカ人とアメリカの会社の良きところの一つです。

点字を翻訳するソフトを無償提供して来られたことは、この視覚障害者の世界には大いなる貢献でした。
もともと点字板でこつこつ作業をしていた人々や、点字タイプライターでガチャガチャうるさく頑張っていた人たちに、これによって、簡易で便利な作業が出来るようになったのです。
しかもインターネットが広がることによって、日本中誰でもが、点訳された本を気軽に読むことが出来るようになったのです。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2007/06/11(月) 20:42:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。