スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方でもある「裏金問題」

  • 2007/06/14(木) 11:20:08

<地方紙一面に載った「裏金問題」記事>
20070614104540.jpg

宮崎日々新聞、6月14日付けの記事です。
ちょっと見には、この記事のタイトル『知事就任後も裏金5件』そのものは、東国原知事が就任後にも、裏金をせっせと作っていたかのようにみえる。実際は勿論違いますがね・・・

知事は就任の際に、県職員の主立った者を集めて、就任挨拶の言葉としては異例な「裏金はありませんか?後でわかると恥ですよ」と言う問いかけをなされた。同時期に世間でも裏金は問題になっておりましたし、当県の前知事が逮捕され失職したのも、談合というお金の絡まった事件でしたので、東国原知事のご質問、ご発言も当然のことでした。

この発言の時にも、意地の悪い県職員の中には「そんなもの、ない!」と馬鹿にしたような、吐き捨てるようなヤジを飛ばす馬鹿者がいたのです。新人で、しかもタレント上がりという侮蔑が明らかにあった証拠でもあります。
こいつがどうなったかは、今現在知りたいところではありますが・・・・

このようなやり取りがあったにもかかわらず、そのこの“裏金”を他社取引業者に蓄財していた部署が五件もあるというのです。県民にすれば、何をか況やであります。

東国原知事が一月の知事就任直後に裏金づくりはないか職員に報告を求めた後も、県の五つの出先機関で裏金の捻出(ねんしゅつ)が続いていたことが十三日、分かった。(省略)


このような記事の書き出しに、知事の答えも載っている。

「ここ数年来、他府県で指摘があるにもかかわらず、自分の足元を見ないのは非情に残念である」
「(予算の単年度主義など)構造的なこともあるのでしょうが、公金を預かる意識が希薄ではないか。『預け』が常態化し、罪の意識が薄れている」

以上が五悪事業所の名前であるが、この中の三ヶ所が東国原知事の出身地方であることが、知事にとっても歯がゆい事だろう。

延岡児童相談所(延岡市)
北諸県農業改良普及センター(都城市)
都城家畜保健衛生所(都城市)
畜産試験場(高原町)
農業大学校(高鍋町)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。