スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しく見つけた貴重なサイトを二つ。

  • 2007/06/28(木) 07:23:26

時代小説を読んだり、点訳の仕事を手伝っていたりしますと、読めない漢字や文字は多くて困ります。例えば、ブログの中にも「破落戸(ごろつき)」「四阿(あづまや)」等についての疑問を数回書いている。インターネットが今のように華やかではなかった頃は、図書館に通い大きな人名辞典や、沢山の辞書をこよなく愛して、調べる道具としてきました。

インターネットが普及して来ると、これらの事情が一変し、その恩恵に大いに浴しています。
「お気に入り」には、“調べる”という項目を設けて、沢山の便利なサイトを登録しています。目的別には三十以上のサイトを登録しています。

最近見つけて、その中で登録をしたサイトが二つあります。

小駒勝美の「漢字こぼれ話」
正しい名前・COM


この“小駒勝美の「漢字こぼれ話」”は、新潮社のHPの中にあり、筆者の小駒勝美さんも新潮社の中の人みたいです。最新は「vol.77 外国の都市の漢字」でありますが、現在は休刊中とあります。
先ほどの「破落戸(ごろつき)」についても、明確なお答えが「vol.52 知らなくては絶対読めない宛字」に載っていました。

筆者のプロフィールは下記の通り、

小駒勝美(ココマ・カツミ)
新潮社で一番漢字に詳しい男である。漢字読み書き大会青年の部で第1位。漢字検定1級。JIS漢字委員会の委員。日本校正者クラブの機関紙「いんてる」に「漢字談義」を連載中。小説新潮の校正を7年間担当していた。



今ひとつの“正しい名前・COM”も大いに重宝しています。
細かい項目別に分類がなされて、専門語も多く、とても重宝です。
点訳のように、文字を漢字、カタカナ、アルファベットなどを問わず、全て平仮名書きの音で表記する場合には、正確に読めると言うことがとても大事なのです。健常者の読書の場合は、そこそこ難解な漢字や、人名でも飛ばして読んだり、適当に理解して読むことが可能ですが、こと点訳ではそのような怠惰が許されません。極力、正確な読みというものが必要なので、こんなサイトは本当にありがたいです。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。