スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくよく見るとおかしな写真を二枚。

  • 2007/07/04(水) 15:38:38

<とても大胆な看板>
20070704152056.jpg

ペットというものは、猫以外には嫌いであります。その猫でも、飼ってまでは可愛がらない。可愛いなというだけで、動物を養うこと自体は出来ない。
飼うことが面倒なことと、死ぬかも知れない動物と一緒に暮らすことはその時のお別れが苦痛だ。家族に喘息持ちが数人いると、動物から癒されるというようなことより、毛の始末にも気を遣わなくてはいけない。

もろもろの事情で、ペットはいらない。でも動物の虐待はとてもいけないと思っている。

この写真はセンスの問題かも知れないが、動物そのものを明らかに商売道具とし、しかもいたわる心を感じない。手書きで下手くそに、大胆に書かれたせいか、残虐性すら感じられる。
こんなペット屋に、飼われている商売道具の犬猫は、余り可愛いとは思えないし、人々が買う気が起こるのだろうか?

<一輪だけ咲きかけの花のつぼみ>
20070704153344.jpg

なんの花なのかよく知らないが、大きな花のつぼみで小さな木のてっぺんに咲きかけていた。
気になってよく見ていたら、なんだか人の顔に見えてきた。
と、言うよりウィル・スミス主演の映画『アイロボット』に出てくるロボットの顔のような気がしてきた。
なんの目鼻立ちも書かれているわけではないが、じっと見ていると不気味だ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。