スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害が不気味に続く

  • 2007/07/16(月) 21:22:58

台風が比較的おとなしく過ぎ去ってくれた。
それでも被害は決して少なくない。
自分の周りに余りなかったと言うだけで、当県内の他地域には山崩れや、床上浸水、家屋の倒壊など被害の爪痕は残った。

と、思いきや、本日は新潟県で大きな地震が起きて、大きな被害が広がっている。
この地震は大変に大きなもので、一昨年の新潟中越地震の復興もままならない時だけに、より二次的な被害が心配であります。
台風が早めに、太平洋岸を過ぎ去ってくれたことは良いことだった。
もしこれが日本列島を縦断して、大量の雨を降らせて、地盤も緩んだ状態での地震だったら、被害は計り知れないものだっただろう。

閑話休題。
台風の過ぎ去った時には、参院選の選挙運動も自粛されていたが、台風一過、天気が良くなると、立候補者は一斉に被災地に“お見舞い”と称して出かけて行っている。
選挙に立候補する人々の気持ちは分からないが、大変に困った状況にいる人々に向かって「お見舞いに参りました!」などと連呼する神経は分からない。

総理の安部さんも同様に、遊説先を切り上げて、視察か何かに行くだろう。
本当にお見舞いをするという気持ちがないままで、選挙の票稼ぎのために出かけるのならば論外だろう。

でもこの総理はそんなことをやりかねない人ではある。

我が知事は、台風後には本当に忙しくなるだろうと案じていたが、これが違う問題が明らかになって困惑されていらっしゃるようだ。

<宮崎県庁裏金>さらに数億円 怒りの東国原知事明かす
7月16日20時3分配信 毎日新聞

宮崎県庁の裏金問題で、東国原英夫知事は16日の講演で「上積みは10年間で億単位になる」と述べ、これまで明らかになった以外に数億円単位の裏金の存在があることを明らかにした。宮崎市の講演会で「『裏金問題もありませんか』と尋ねてから3カ月たって存在が分かった。ふざけるな、という気持ち」と切り出した。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。