スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しあわせのかおり 幸福的香味」であちらこちら

  • 2007/09/03(月) 07:58:02

先日、紹介された映画「しあわせのかおり 幸福的香味」のことが気になって、あちらこちらとサイトを巡ってみました。
いろいろ探せば記事がたくさんありました。

中谷美紀が能登復興へ腕ふるう
(2007年5月10日06時01分 スポーツ報知)
女優の中谷美紀(31)が、来秋公開予定の映画「しあわせのかおり 幸福的香味」(三原光尋監督)に主演することが9日、分かった。藤竜也(65)演じる中国人シェフの店を継ぎ、本格的な中華料理人を志すヒロイン役で、有名料理人の下での料理修業にも挑む。また、舞台とロケ地が石川・金沢であることから“能登地震復興応援映画”として製作される。


(財)石川県産業創出支援機構が運営するサイト“I Love Iファンクラブ「しあわせの応援団」募集”石川コンテンツコンソーシアムが運営する「I Love I ファンクラブ」では、映画「しあわせのかおり」を応援する『しあわせの応援団』を募集しています。


近くに住んでたら応募すると思うな。
こちらの関連サイトで“「I Love I ファンクラブ」”では、監督さんのメッセージもありました。

ブログでは、
“はれっとの旅路具(はれっとのたびろぐ)
田舎暮らしと旅日記
金沢・能登発 きまぐれ便”
かなり詳細に紹介が載っておりました。撮影地の地元の方のようで、ちょっとばっかり羨ましく感じましたね。
しかもこのお方は、映画制作のお手伝いもされたような・・・
良い経験をなさったと感じます。

“光福丸の今日のお魚な~に?! 〔漁師の娘日記。〕”
こちらの方は、ロケのことと写真が少々、エキストラで出演された様子など生き生き書かれています。とても羨ましく思ったのは、実物の中谷美紀さんにお会いになれた事です。私も生きている間に一度くらいは、こういう幸運に恵まれないかと、常々願ってはいるのですが・・・
2007年08月29日 水曜日の記事には、ロケに使われたというとても可愛らしい中華料理店の写真も載っていました。

映画が来たら見に行こうっと!!!
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ブログを紹介していただきありがとうございます。

私は映画に出演はしてませんが、父親は藤竜也さん&中谷美紀さんと共演して、台詞つきで絡みもありました。
カットされなければ良いんですが・・・(^^;

映画 『しあわせのかおり 幸福的香味』の応援&宣伝、宜しくお願いします。

  • 投稿者: 光福丸の娘
  • 2007/09/03(月) 11:05:15
  • [編集]

御紹介ありがとうございました

多くのファンの皆さんに支えられて
関係者の方々も幸福的製作が完遂するとよいですね。

引き続きご声援をいただければ幸いです。
上映を楽しみにしてくださいませ。

ありがとうございました。m(_._)m

  • 投稿者: はれっと
  • 2007/09/03(月) 19:54:17
  • [編集]

光福丸の娘様、ありがとう

私の方が勝手にお伺いして、しかも了解もせず申し訳ありませんでした。
お父様の演技が、絶対映画に残ることを祈っています。
きっと生涯最大のお喜びと、記念になると思います。
映画が公開されたら、隅々まで記憶してお父さんらしき人を探します。

“光福丸の娘”さんて、幸福が丸々残っている幸せな娘さんという事で、実におめでたいことに繋がって良いですよね。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2007/09/03(月) 20:53:04
  • [編集]

はれっと様、ありがとう

私の方が勝手にお伺いして、しかも了解もせず申し訳ありませんでした。
映画って観るだけで、身近に撮影を見ることはあまり出来ませんよね。
それに少しでも関わっておられるとは実に幸せですね。

映画の内容はほとんど知りませんが、
『しあわせのかおり 幸福的香味』って、どんな香りなのでしょうね?
真剣に幸せを追い求めて、努力をすることは本当に大事なことだと信じます。
私もその一人ですが、きっと“しあわせのかおり”って、良い香りだと思います。
ぜひお幸せにね・・・・。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2007/09/03(月) 20:59:25
  • [編集]

こんばんは。お邪魔いたします。
先ほどコメントさせて頂いたのですが、改めてご訪問したら私のコメントがどこかに飛んで行ってしまったらしく見当たりませんので再度お邪魔させて頂きます。

間違えて投稿ボタンを押さなかったのかもしれません。失礼しました。

さて、ご贔屓の女優さんの件ですか、今日の東京の読売新聞の夕刊に取り上げられておりました。読売新聞のHPに行けば見られると思います。

密かな思い入れが何時の間にかおおっぴらになりああ嬉しや、というところでしょうが、こう巷間の知るところになるとご自分の手から離れていく娘さんというご心中でしょうか。お察し申し上げます。世間が注目するずっと前から、俺は目をかけていたんだよ、って。今頃何騒いてんだい。興味本位で寄って来るんじゃないよ。

ちょっと大げさでしたでしょうか。ご無礼いたしました。

  • 投稿者: nnakazawa
  • 2007/09/08(土) 23:40:05
  • [編集]

いつも情報きにかけていただいて・・・

“映画「しあわせのかおり」製作中”の記事、ありがたく読みました。
ミーハーとは思いつつも、長いことフアンをやっています。

私は多分何かふとしと事ですきになったのですが、それが何だったのか思い出せないくらいに昔のことです。
その時まだ十代だった彼女を中心として、この宮崎を舞台にした私小説を考えたほどフアンでした。
餓鬼が憧れて夢想するようなちゃちっぽい恋愛ものですね、思い返せば。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2007/09/09(日) 23:16:26
  • [編集]

珠洲でも物語を制作。

はじめまして。

実は石川県金沢市のロケの後、2008年1月に同じ三原監督やカメラマンなどで、珠洲市を舞台としたドラマが撮影されています。

中華料理店「小上海飯店」に勤めている節子ばあちゃん(関えつ子)の出身が珠洲市という設定で、節子ばあちゃんの孫娘である高岡睦美(石川紗彩)がドラマの主役となっています。もちろん節子ばあちゃんも登場しています。

珠洲発のドラマは、幻の黒い器に魅せられた睦美が、珠洲焼の師匠(坂本市郎)のもとでの修行の日々を描いたものです。

7月下旬からネットで配信していきますので、どうぞご期待ください。

  • 投稿者: 珠洲ドラ
  • 2008/07/02(水) 17:14:15
  • [編集]

ドラマというのは、TVでしょうかね。

ドラマというのは、TVでしょうかね。
映画の方も楽しみなのですが、新たなお楽しみですね。
タイトルが何なのか、判ると良いのですけれどね。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2008/07/03(木) 09:44:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。