スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと違うんじゃないという実に些細なこと

  • 2007/09/30(日) 07:03:34

<今回新しいカラーリングになった“CB750”>
20070930064125.jpg

比較的よく読んでいるメールマガジンに「マイコミジャーナル」があります。
9月28日の配信、“ライフ・車とバイク”の項目に、下記のタイトルがあります。
『ホンダ、大型バイク「CB750」を一部変更し、特別仕様車も限定発売』
この記事に一部間違いがあると思う。
“CB750は、1992年2月に国内販売を開始以来、”という記載は、発売時期が遅すぎる。
この“CB750”というバイクは、七十年代に一世を風靡したもので、“ナナハン”という愛称と白バイの採用で、認知度は高かった。名車であります。

本田技研のHPにも、下記のように書かれていて、69年末の市販開始が確認出来ます。

二輪製品ニュース
1969年7月18日
「ホンダ ドリーム CB750 FOUR 」 国内販売のご案内
当社は、このたび“世界最高級のオートバイ”「ホンダドリーム CB750 FOUR」と “ワイルド・スクランブラー”「ホンダ ベンリイ SL90」の2車種の国内販売を開始いたします。


この様な名車だと些細なことではありますが、間違って欲しくないですね。

当時は、68馬力の高馬力で、五段ギア、4本マフラー、キルスイッチまでなんてついていたりして、実にかっこよかった。
それからも現在はもっと進歩して75馬力くらいにはなっているし、とにかく乗りやすく、取り回しが楽に出来ている。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。