スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにゆえ、モーターショーに惹かれるのか?

  • 2007/11/02(金) 20:53:15

ケチな私が田舎の町から、何泊もしてまで「東京モーターショー」に出かけて行くのか?

仮に東京近在の方は、僅かな電車賃と入場料で入ってみることが出来る。ところが私みたいな年寄りは、飛行機代、数泊ホテル代、交通費、入場料とそしてお土産と案外な出費で行くわけであります。
となると病みつきになる原因があるはずなのだ。


その1は、車が異常に好きなことだけれど、それも見ることが出来ない車を見る為に出かけていく。田舎には販売店がなく、そんな車を買う人種もいない、しかも奔る場所すらないというような特殊な高級車などが眺められる。
<絶対に田舎では見かけることがない車・カウンタック>
20071103072605.jpg

<絶対に田舎では見かけることがない車・ベントレー>
20071103072628.jpg

<絶対に田舎では見かけることがない車・フェラーリ>
20071103072659.jpg

<絶対に田舎では見かけることがない車・マセラッティ>
20071103072645.jpg


その2は、会場以内の車の展示方法だ。つぶさに見て回ってみると、いかようにすればこんなところに、こんな具合に展示出来るのか疑問に感じるものが多い。数えれば切りないほどに多い。
そのブースの説明員に聞いて回ると、細かく教えて下さる方や知らない方と様々だった。

<壁にまさに壁掛け状態の車・ミニ>
20071103073558.jpg

<壁にまさに壁掛け状態の車・F1マシン>
20071103073731.jpg

<二階に棚上げされてるミニクーパー>
20071103073843.jpg


その3は、これも会場内に無数に存在する構築物です。おおよそ各社の展示ブースには何かの構築物があります。大きな会社ほど、大がかりでしかも二階建て。その二階にはたいてい観覧者を回遊させる通路が設けてあり、ここにだって数百人の重量がかかるはずで、それを可とするほどの立派で半端ではない構築物です。
これもここに聞いて回ると愉しい。基礎工事から建築まで設計の段階まで説明して下さった方もいらした。興味は尽きません。

<驚くべき秘密がいっぱいの展示場の構築物・二階部分がオープンテラスの喫茶部>
20071103074618.jpg

<驚くべき秘密がいっぱいの展示場の構築物・箱状になった壁>
20071103074748.jpg

<驚くべき秘密がいっぱいの展示場の構築物・奥のAUDIのブースは二階部分がガラス張りの喫茶部>
20071103074946.jpg


その4は、数多くいらっしゃるお姉さんたち。普段では見ることの出来ない美しいお方たちが、大胆なコスチュームで、笑顔をカメラに向けて下さる。
写真は沢山あるが、他の専門ページでご覧下さい。
これが一番の楽しみだと、家内は思っているようです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。