スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何となく解ったこと????

  • 2007/11/03(土) 23:00:18

両国のホテルは、インターネットで予約をした所為でビジネスホテルみたいだった。
両国駅前にそびえる比較的大きな建物で、これならと勝手に納得して選んだ。でもデブの私には小さなお部屋であった事よ。

それでもすることもなく退屈な夜には、窓の景色、隅田川河岸の夜景が楽しめると慰めたが、窓が小さ過ぎる。
小さな部屋の小さなベッドの上に上って、やっと見ることが出来る窓であった。

<その部屋から見えた夜の隅田川>
20071103224135.jpg

この景色の中で一番に見えるのは、隅田川河畔の“首都高速六号向島線”という道路である。
途切れることのない交通量で、ひっきりなしに車は走っている。
で、この道路を見ていてひらめいた。

時折、ハザードランプを点滅させてにわかに徐行して近づいてくる車がいる。道路全体が渋滞のときには感じなかったことだった。
何度も確認をしたが、どうもこのホテルの下辺りの私からは見えない所が渋滞の尻尾になっている。
この尻尾がだんだん見えてきて、そして確信をした。
つまりは渋滞に近づいて行く車は、後方に渋滞を知らせる意味でかハザードランプをつけて走るのだ。
これはマナーなのか?義務なのか?

田舎では渋滞というものが余りない。渋滞に近づいても、誰も何もしないし、渋滞はすぐ解消する。
だからこんな行為は初めて目にする。
その時は誰にも聞けなかった。帰ってきてからは聞いて答えてくれる人がいない。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

高速道路で

渋滞の多い首都高や首都圏の高速でよく見かけます。

暗黙のマナーっぽいのですが、渋滞し速度が落ちてくるので
追突防止も含めて、ハザードで知らせているようですよ。

自分は、いつもバイクなので追尾車両に距離感が伝わりにくいので
率先して、ハザードは出して速度落ち始めてるよ
と伝えるようにしてます。

これって全国的な、ルールかと思ってましたv-410

  • 投稿者: 風来坊
  • 2007/11/04(日) 00:47:35
  • [編集]

ありがとうございます

ありがとうございます。
謎が解けたようでうれしい。

九州の高速でも南のほうは渋滞ないんです。

  • 投稿者: 光ちゃん
  • 2007/11/04(日) 13:47:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。