スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは意外中の以外???

  • 2007/11/08(木) 07:29:04

<村田涼平さんの漫画のような表紙絵>
20071107203006.jpg

西條奈加著『芥子の花』副題は「金春屋ゴメス」。
多分、「金春屋ゴメス」という作品の二作目になるのだろう。
この作家さんは知らないので調べてみると、

西條奈加
サイジョウ・ナカ
1964年北海道生まれ。都内英語専門学校卒業。『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞。

かなり若い作家さんのようである。

なんじゃこれは???という箇所が沢山出てくる。
でもこれは面白かった。江戸時代という設定から時代小説だと思って読んでると、これがのっけから違った。
近未来の日本から独立した「江戸」国という設定が可笑しい。この主人公の「金春屋ゴメス」という名も、この奇妙な「江戸」国の長崎奉行となっている。
奇怪妖怪な人物で、しかも女性であるから妙にちぐはぐする。

それでもよく江戸時代をお勉強されている方で、本を読んでいる途中に頻繁に出てくる“ゴメス”というカタカナ語も、案外気にならないほどに読めてしまう。

すっきり江戸の小説にしても良かろうものに・・・
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。