スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

案外に人気があるものなのだ・・・

  • 2007/11/14(水) 10:01:38

私は時代小説、しかも江戸時代のものばかりを読んでいるので、江戸の町にも江戸そのものにも興味が深い。

メルマガ・マイコミの13日の記事に、
「特別展「大徳川展」会場混雑 - 最大40分待ちも」
という見出しで情報が載っている。

東京国立博物館は、同館平成館にて12月2日まで開催している特別展「大徳川展」の混雑状況を公式ページ上で発表した。
11月3日には来場者が15万人を突破。日によっては入場制限がかけられ、最大40分待ちになることもあるという。同館は「大徳川展は展示作品数が多く、観覧時間が非常に長くかかります。時間に余裕をもってお出かけください。」


時間が許せば見に行きたかったのだけれど、あんまり遊んでばかりもいられぬ状況ですので、またの機会に出かけてみたい。

世界中の権力者が、金と力に物を言わせて素晴らしいものを拵える。作るのは当代一流の技巧者が、腕と贅をこらして残した極一流品である。
権力者の構造はそうしたものでとても嫌だが、当時に生きていない我々には超一級の芸術品として残ってくる。
今回の特別展「大徳川展」には、そうして残された品々を拝見することが出来る。
当時の工芸の技術力の高さ、力を持ったものの奢りを体現してみたかった。




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。