スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた読み飛ばしてしまった本

  • 2007/12/19(水) 22:53:07

<観光ガイドブックのような表紙本>
本edotokyochirichimei

鈴木理生著『江戸・東京の地理と地名』
この本のサブタイトルがいい。
“「町」から「街」へ・・・時を超えた東京散歩”
東京から帰ってからこっち、ずっと眺めさせてもらった楽しめる本でした。

<この一流の著者は、江戸の情報何でも屋さんでした>
本ikenamiedokiriezu

池波正太郎著『江戸切絵圖散歩』
大作家先生のこの本自体が名著であります。
江戸の地に降りたって、大作家先生と歩く散歩は衣食住に幅広く、しかも興味深い話ばかりでためになります。
大事な大事な何度目かの読み物です。

<全然関係ない、常日頃読まない本>
本kiyokawaeigo

わたしの母親と同じくらいの年齢のおばあちゃんが英語を勉強するのに英国へ出かけるお話。
その英語のイギリス人教師のジョークが愉快で借りた本。
お元気な溌剌したお年寄りもいたものだ。
わたしももう一度、外国で英語をお復習いしたい。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。